陰陽とは~この世で生きるための自然のルール~

風水・パワースポット陰陽とは~この世で生きるための自然のルール~ への6件のコメント

陰陽とは~この世で生きるための自然のルール~

陰陽は、このブログでも何度も出てきていますね。
それくらい、陰陽は重要なものなんです。

あたなは陰陽について、ちゃんと知っていますか?


陰陽とは

風水や四柱推命を含む五術では基礎中の基礎となる、陰陽。

陰陽とは、世の中のありとあらゆる事物をさまざまな観点から陰(いん)と陽(よう)の二つのカテゴリに分類する思想です。陰陽思想、陰陽論、陰陽説などと言われています。

陰陽は、自然界のルールです。

世の中のものは、全ての陰と陽で考えることができ、これを知っておくと、無理なことを頑張らなくて良くなり、自然体で生きられるようになります。


陰陽の特徴

この図を見たことがあるでしょうか。

これは太極図(たいきょくず)といって、陰陽の性質を表すものです。

陰と陽は、お互いになくてはならない存在で、陰があるから陽があり、陽があるから陰があります。
光と影がわかりやすいですね。

また、陰が極まれば陽がはじまり、陽が極まれば陰始まります。
そして常に、シーソーのようにバランスをとっています。

そして、図をみても分かるように、陰の中にも陽があり、陽の中にも陰があります。
全く100%陰、陽とは別れないということですね。
例えば、女性でも必ず男性らしい一面も持っているように。女性にも、男性ホルモンがあるように。

あと、重要なのが「陰の方が陽よりも影響力が強い」そして「陰の方が見えにくく陽の方が目立つ」ということ。

だから、わたしたちは一見目立つ陽のものに憧れがちです。
でも、本当に影響力が強いのは、陰の方なんです。


陰陽の例

あらゆることが陰と陽に分けられると言いますが、どんなものがあるのでしょうか。


これらは、どちらが良い悪いはありません。
それぞれ陰の性質、陽の性質を多く持っているというだけです。

例えば男性と女性。
実は、女性のほうが人に与える影響力が強いんです。
マーケティングの世界でも、女性に流行れば世の中に流行すると言われています。

また、母親と父親が同じように存在した場合、必ず子供は母親からの影響を強く受けます。
「内助の功」「あげまん、さげまん」などの女性に対する言葉はありますが、男性に関するこういう言葉はないですよね。

それって、女性の影響力の方が強いということを表してくれていますよね。


また、北と南。日本で世界でも基本的には北は寒く南は暑いですよね。
そして、寒いところに住んでいる人は我慢強く、内向的な民族性があります。

一方南の暖かいところに住んでいる人は陽気で動きが多いという民族性があります。

これも陰陽。


また、意識と無意識。
陰の影響力の方が強いということは、無意識の影響力が断然強いです。
だから、どんなに目標を部屋に書いて貼ったところで、無意識の部分に気づいてそこにアプローチをしていかないと行動・結果は変わらないんです。

心と体もそうですね。
例えばダイエットをしたいとき。
どんなに食事制限や運動という陽の部分を頑張ったところで、心に何かを抱えたままでは、何かの拍子に過食してしまったりします。

陰の「心」の影響力の方が強いからです。


まずは身の回りの陰陽を見つけて実感してみましょう

こんなふうに、私のまわりのことは陰と陽に分けることが出来ます。

そして、その法則がわかれば「私はこのルールに反していたから、しんどいだけで努力が報われなかったんだ」と知ることもできます。

努力は正しくしないと、報われません。
スポーツをするときは、その競技のルールを学びますよね。反則すれば、どんなに頑張っても勝つことはできません。

陰陽もそれと同じです。

ぜひ、世の中のルールのひとつ「陰陽」を見つけて実感してみてくださいね!


和風水セミナー@大阪・京都】
四柱推命って何?風水って何?
私はどう活用したら良いの?
そんな疑問にお答えする、一般公開セミナー大阪・京都にてやってます♪
講師をつとめるのは伝統風水師である夫ですが、私もおります^^
また、全国どこからでも受けられるWEBセミナーもあります!
★★詳細はこちら★★

四柱推命鑑定
自分のことをもっと知りたい
自分と向き合いたい
私の良さを活かした人生を歩んでいきたい
そんなあなたに知ってほしい。
四柱推命鑑定の詳細はこちら^^
大阪・京都、関西圏の方はもちろん、ZOOMでのWEB鑑定もご相談ください♪
紙面(ダウンロード版)もございます。

京都在住、女性メインの四柱推命鑑定士。 伝統風水師の嫁。 風水、陰陽五行の学びや心理学、自分の経験を活かして 悩める女性のサポートを行っています。 詳しいプロフィール・ストーリーは、こちら♪
Back To Top