【手放すと入ってくる】何かを得たい時はまず手放そう~陰陽の法則~

風水・パワースポット【手放すと入ってくる】何かを得たい時はまず手放そう~陰陽の法則~ への2件のコメント

【手放すと入ってくる】何かを得たい時はまず手放そう~陰陽の法則~

何かを手放すと、入ってくる。これはなぜなんでしょう。
これは、断捨離のような「物」だけでなく、執着心のような「心」も同じ。

この仕組がわかれば、ちょっと「手放す勇気」が持てるかもしれません。


「手放すと入ってくる」と陰陽

陰陽の法則は世の中のすべてに当てはめることができます。

陰陽の法則とは…
・全てのものは陰と陽に別れている
・陰が極まると陽が生まれる、陽が極まれば陰が生まれる
・陽よりも陰の影響力が強い

季節がめぐったりするのも、陰陽の法則に則っています。
陰陽の法則の詳細はこちら↑のブログを参考にしてくださいね。

そして、

手放す=陰
入ってくる=陽

だから、陰から陽が生まれる、つまり「手放すと入ってくる」のです。

よく、断捨離などで「新しいものを買ってから捨てちゃだめ?」という質問もありますが、陰陽の法則で考えてみましょう。

陰と陽では、陰の方が影響力が強い。
だから、まず陰の「手放す」をやったほうが、次の「入ってくる」という陽が生まれやすいんです。

だから、新しいものを入れるためには、まず「手放すこと」が一番早いんですね。

これは、物だけでなく、時間、人間関係、価値観、執着心なども同じです。

何かを得たい時は、まず「何を手放すか」を考えてみましょう。


「手放すと入ってくる」が分かる、おすすめ本

手放すと入ってくる、ということが分かりやすく書かれている本(漫画)があるんです。

それが、こちら。

『やめてみた。~本当に必要なものが見えてくる暮らし方・考え方~』
わたなべ ぽん著


陰陽という言葉は使われていませんが、まさに「何かをやめると、何かが入ってくる」という陰陽の法則が分かりやすく書かれているなと感じました。

「やめる、捨てる」が陰、「入る、得る」が陽


これを買った当時は、私もまだ陰陽とか全然知らないころでしたが、マンガの主人公として登場するわたなべぽんさんが 私の性格と似ているところがあり、お気に入りの本の一つでした。

人の目を気にして気を使って疲れたり
自信のない自分をカバーするために服やら新しい小物を買い込んだり…
そんな性格がホントに似てるんです笑

だから、断捨離ブームで本を大量に処分したときも(当時の部屋にしまうところがなくて…)この本はずっと持っていました。

それが、最近ふと手にとって読み返してみると「これって陰陽やん!」となったんです。


ひとつずつ、手放してみよう

このお話の中で(実体験ですが)わたなべさんが、これまで当たり前のように使ってきた道具(炊飯器や掃除機、化粧、服…)や、こうしなきゃ…と思っていた思い込み、つい囚われてしまう考え方の癖などを少しずつやめてみる実験をしていきます。

すると、ひとつやめる度に、いろんなものが見えてくるんですね。
何かをやめると、本当に大切なものが見えてきて、少しずつ生きるのが楽になっていく。そんなお話です。


例えば第十二話、
「充実させなきゃ」という考え方を手放すお話。

予定がないと落ち着かない、動いてないともったいなく感じる、という人、多いんじゃないでしょうか。

私も、以前は「忙しい方が充実してる」と思っているタイプでした。

スケジュールが埋まるほど充実感があり、そんなスケジュール帳を見るのが好きだったんです(変態?)

全部埋まってないと、嫌でした。


でも、それに疲れて、わたなべさんが充実させようと動き回るのをやめた時に

こういうことをすれば充実している人に見えそう」を追いかけていた。

ということに気づきます。


外に出かけることが充実している?
たくさんの人と盛り上がることが充実している?

でもわたなべさんは、それをやめてみたことで、自分は土いじりや家の掃除などのちょっとした時間に充実感を感じていることに気づくんです。

本当に自分が満足感を得られらものって、人によって違うはずなんですよね。


ちなみに私が充実してるな、と思う瞬間は、

カフェで本を読んでるとき
近所の、自然がいっぱいの公園を朝早くにゆっくり歩くとき
部屋の中がキレイになった時
丁寧につくったご飯を、夫婦でゆっくり食べてるとき

ですかね(⑅•ᴗ•⑅)

前は、ジムに行って、友達と遊んで、飲み会に行って、旅行に行って、仕事終わりに習い事に行って…
そんなアクティブな方がカッコいいと思っていました。

残業してバリバリ頑張ってる自分がかっこいいって思ってる時期や、休みもとらずに、ビジネスに打ち込んでるのがカッコいいと思っている時もありました。

もちろん、年齢やライフスタイルなどによって、好みは変わっていきますけどね。

でも、あなたが当然と思っているそれは、ホントに必要?
ホントにあなたを心から満足させてくれる?

一度、手放して見ませんか?

そんなことを問いかけてくれるお話です。


手放す勇気

そして、何かをやめると、【陰】何かが入ってくる【陽】

手放す勇気がいるものといえば、断捨離が一番具体的に日常生活で想像できるのではないでしょうか。

服、思い出の品、もらったもの…

こういったもの、なかなか手放す勇気が出なかったりしますよね。
後で後悔したらどうしよう…思い出がなくなってしまいそう…と不安になるから。

わかります。

でも、手放すことで、得られるものがあるんですよね。

本当に大切なものだけを残して捨てていくと、見えてくるものがあります。

自分は何を大切にしているのか
自分は何にしがみついているのか
自分は何を恐れているのか

断捨離をすることで、いらない執着を手放すことができて、スッキリとした思考の自分が手に入るんです。

そうすると、物の断捨離のはずが、意外にも心や考え方の部分でも、手放すべきものが見えてきます。
正しく断捨離をすると、だんだん手放す勇気もついてきます。

物も、思考も同じ。

何かを手放すと、何かが入ってくる。得られる。
陰と陽。

ぜひ、一度読んで自分でも試してみてくださいね(^-^)

【シリーズもおすすめです♪】


【関連記事】


和風水セミナー@大阪・京都】
四柱推命って何?風水って何?
私はどう活用したら良いの?
そんな疑問にお答えする、一般公開セミナー大阪・京都にてやってます♪
講師をつとめるのは伝統風水師である夫ですが、私もおります^^
また、全国どこからでも受けられるWEBセミナーもあります!
★★詳細はこちら★★

京都在住、女性メインの四柱推命鑑定士。 伝統風水師の嫁。 風水、陰陽五行の学びや心理学、自分の経験を活かして 悩める女性のサポートを行っています。 詳しいプロフィール・ストーリーは、こちら♪
Back To Top