専業主婦の家事は当たり前?家事は結果として残らない?【主婦の悩みを解消】

夫婦・家族のこと専業主婦の家事は当たり前?家事は結果として残らない?【主婦の悩みを解消】 への3件のコメント

専業主婦の家事は当たり前?家事は結果として残らない?【主婦の悩みを解消】

私も少しずつ主婦歴を更新していますが主婦って様々な悩みがありますよね。
年代によっても、ライフスタイルによっても様々だと思います。

その中でも、世間の主婦の代表的な悩み。
それは

①家事はして当たり前と思われている、結果として残らない
②仕事と家庭の両立、家計の維持が大変
③親の介護、同居
④子供が手を離れると生きる意義が見つからない、暇でやることがない
⑤旦那と夜の生活をしたくない

ということ。

今日は①の、「専業主婦だから家事はして当たり前だと思われているのがなんだか腑に落ちない。結果として残らないから虚しい」という悩み。

風水師の嫁として、陰陽の考え方をベースに考えてみたいと思います。


陰陽で考える、女性のパワーと役割

風水、四柱推命の基本中の基本に、「陰陽」というものがあります。
世の中の物事はすべて、陰と陽で考えることができます。

夫婦(男女)や仕事を陰陽で考えると

女性が「陰」、男性が「陽」
家を内側から守ることが「陰」、外での仕事が「陽

となります。


そして、陰陽の性質のひとつが「陰の方が目に見えにくく、陽の方が目立ちやすい」。

だから、外で働いている方が一見カッコよく見えたり、働いているから偉いんだ!なんて威張る人も出てきてしまいます。

でも、陰陽の性質には、次のようなのものがあります。

・陰が陽を生み出し、陽が陰を生み出す
・陰の方が陽より影響力が強い

つまり、
男性(旦那さん)よりも女性(妻)の方が、影響力は圧倒的に強いですし、家事などの「家を内側から守る」という仕事は「外で稼いでくる」という仕事以上に大きな力を持っていると言えます。


家事は結果として残らない?


確かに主婦業は会社員と違って、直接お給料がもらえるわけでもなければキャリアアップがあるわけでもありません。

いつもキレイに整えていれば、特別いつもと変わらない家、ということになるから「今日頑張ったね~!」と言ってくれることも、あまりありません。

じゃあ、専業主婦の家事は結果として残らないから「モチベーションが上がらない…」となってしまうのは仕方がないのでしょうか。

ここで、陰陽の関係を思い出してください。


実は「家事は結果として残らない」のではないんです。

女性や家、プライベート(陰)からの影響力は強く、陰が陽(男性、外での仕事)を生み出すという法則を考えると

家事をすることは、必ず結果として現れてきます。

ただ、直接的にではありません。
「旦那さんの活力や仕事の成果」として現れてきます。

きれいに保たれた家では、旦那さんがしっかりと休むことができます。

家で、家族のことを思って用意されたご飯を食べれば、それだけ元気も出てきます。
奥さんがあたたかく迎えてくれれば、気分もリラックスできます。


そうして一日を終えることで、その日に消耗したエネルギーをしっかりと回復することができます。

そして、エネルギーが100%充電されていると、億劫な仕事にも意欲的に取り組むことが出来ますし、判断力も上がります。

そうすると、ミスも減りますし、的確な行動が取れるようになっていきます。

他人への配慮もできるようになってきます。
こうしたことが、旦那さんの仕事での成果につながってくるんです。

だから、旦那さんが

今日は体の調子が良かった!
今日は商談が成功した!
役職が上がった!
給料が上がった!
良い評価を受けた!

と言っていれば、それは主婦であるあなたの力が大きく影響しています

あなたなしでは、旦那さんはそれをなし得なかったと、あなたも胸を張って良いんです。

これはただの「気持ちの持ちよう」などではなく、陰陽の法則、つまり自然界の法則です。

陰陽は、お互いに生み出し合っています。
だから、奥さんの行動が旦那さんの結果となって現れます。

そして、旦那さんの仕事の結果が昇給や昇進につながれば、あなたにも良い影響がありますよね。
こうやって、夫婦はお互いに生み出し合っていくんです。


専業主婦は家事をして当たり前?

専業主婦なんだから、家事は任せて当たり前でしょ?
手が回らない時、旦那に頼っちゃいけない?
ちょっとくらい手伝ってくれても良いのに。

そんな主婦や、専業主婦を奥さんに持つ旦那さんの声がよく聞こえてきます。


役割と「当たり前」は違う

先程の陰陽の法則を思い出してみましょう。
女性の得意分野は、内を守ること。つまり、細やかな気付きや気配りが必要になる家事や育児など。

男性の得意分野は、外で稼いでくること。体力や交渉力が必要となる仕事がやはり向いています。

だから、基本的には男性は外で稼ぐ、女性は家事や子育てをする、という役割は忘れてはいけないと思います。

でも、それを「当たり前」として「やって当然でしょ」という態度に出すのは違いますよね。

自分よりも得意なことをやってくれている、という感謝、尊敬はもっておかなければいけないと思うんです。

こういうと、
「ほら、うちの旦那はもっと私に感謝しなきゃ!」という方もいるんですが、ちょっと待って。
自分の中にも、旦那さんが働いてくることを当たり前だと思っているところがないか?
手伝ってくれることが当たり前だと思ってくれている部分がないか?
と、考えてみてくださいね。


本来の夫婦のあり方

理想の夫婦は、お互いにこう想いあえる関係になること。

女性:
「旦那が外で稼いできてくれるから、安心して子育て、家事ができる」

男性:
「奥さんが子育て、家事をしてくれるから、元気いっぱいに働いてこられる」

そう思いあえる関係が一番。

そのためには、お互いが男女それぞれの役割と、陰陽の関係をしっかり理解しておくことが必要です。
陰があるから、陽が生み出されている、陽があるから、陰が生み出されているんだと。

そして、陰陽、つまり夫婦二人が互いに支え合って初めて成り立つ関係であることを知ることが必要です。

そういう関係になっていれば、きっと直接的には旦那さんが稼いだお金や昇給でも、
「これは二人で稼いだお金。」「二人で得た結果。」
と言い合えるはず。

夫婦の目的は、「幸せな家庭を築く」という同じ目的のはずだから。


時には頼っても良い(でも注意点!)

じゃあ、やっぱり専業主婦は旦那さんに家事を頼んだり頼ったりしちゃいけないの?という声も聞こえてきそうですが、決してそういうわけではありません。

旦那さんが風邪で寝込めば奥さんが看病をするように、専業主婦のあなたがしんどい時、辛い時、もう無理!となった時は、頼っても良いんです。

私も以前生理痛が酷かった時には一日中寝込むこともあったので、掃除はサボって、ご飯は旦那さんにお願いをしていました。

その代わり、旦那さんの男性としての役割外のこと、得意分野外のことを頼むということなので、感謝の気持を持つことはもちろんですが、「自分のやり方」「クオリティ」などは求めてはいけません

専業主婦と旦那さんの感覚ややり方は絶対違うものだから。
(ご飯は用意してくれたけど、買ってきたお弁当だったり、洗い物はしていないとか笑)

ここを間違えてしまうと、

「それくらいやってよ!」
「何で最後の片付けまでやってくれないの?」

と、もめる原因になってしまいます。
(完璧を求める女性ほど、こういうことになりがち。)

男女で得意分野、感覚、やり方が違うということは、忘れないでくださいね。


まとめ

主婦の悩みに多い「家事は結果として残らない」「専業主婦が家事をするのは当たり前だと思われている」という問題について、陰陽をベースに書いてみましたが、いかがでしたでしょうか。

まずは夫婦でお互いが「男女の違い」「男女の役割、得意・不得意」があるということを知っておくことが重要です。

そして、お互いに「生み出し合っている」「どちらが欠けても成り立たない」ということを忘れないこと。



言うのは簡単ですが、今のご時世「男女平等」という言葉が全面に出てきてしまい、なかなかこの支え合い、生み出し合いが、特に女性から理解されにくくなっています。
また、稼いでいるから偉いんだ、という男性の間違った考え方が、まだまだあるのも事実。

陰陽の法則、男女の役割を理解して、お互いが生み出しあい、高めあえる、素敵な夫婦が増えますように…。

【関連記事】



和風水セミナー@大阪・京都】
四柱推命って何?風水って何?
私はどう活用したら良いの?
そんな疑問にお答えする、一般公開セミナー大阪・京都にてやってます♪
講師をつとめるのは伝統風水師である夫ですが、私もおります^^
また、全国どこからでも受けられるWEBセミナーもあります!
★★詳細はこちら★★

【四柱推命鑑定】
自分のことをもっと知りたい、自分を活かした人生を歩んでいきたい…
そんなあなたに是非知ってほしい。
四柱推命鑑定の詳細はこちらに♪
大阪・京都・関西圏の方はもちろん、ZOOMでのWEB鑑定や詳細鑑定書のダウンロードなども可能です。

京都在住、女性メインの四柱推命鑑定士。 伝統風水師の嫁。 風水、陰陽五行の学びや心理学、自分の経験を活かして 悩める女性のサポートを行っています。 詳しいプロフィール・ストーリーは、こちら♪
Back To Top