【女性に向いている起業の仕方】女性が一人で起業するなら

自分を知る・四柱推命

【女性に向いている起業の仕方】女性が一人で起業するなら

最近は、女性でも一人で起業をして事業を始める人が増えてきました。

私の周りにも女性起業家がけっこういますが、そのやり方によっては、「あー将来しんどくなりそうだな」「将来体や心に問題が生じてしまいそうだな」という方はけっこういます。

その違いは、「自然の摂理=陰陽のルール」から外れていないかどうか。

女性の起業が増えてきている中で、ぜひ知っておいてほしいことをお伝えしたいと思います。


女性に向いている起業

「仕事」という土俵をこれまで作り上げてきたのが男性であるため、まだまだ仕事をする環境は男性向けにできているのが現状です。

そのため、基本的に、女性が一人で起業するというのは陰陽論からすると「向いている」とは言えません。

ただ、近年では働くにも様々な方法やアプローチ方法が出てきているため、工夫次第では女性に向いている起業を見つけることができるかと思います。

それでは、女性に向いている起業の方法を見ていきましょう。


・陰の性質を活かす

世の中の物事は全て陰陽のバランスで成り立っています。

そして、女性は陰の性質、男性は陽の性質を主に持っています。

そんな女性は、陰に分類される物事を得意とします。

・細やかなところに気がつく
・家事や子育て
・前面に立つよりもサポートにまわる
・稼ぐより貯蓄

など、これらは陰の要素で、男性よりも女性が得とする分野。

こうした分野やアプローチで勝負することで、女性ならではの強みを出すことができます。

逆に、男性が得意とする「陽」の分野やアプローチでばかりやり続けていると、女性にとっては知らないうちに負荷がかかっています。
若いうちはまだ良いですが、やがて体や心に何かしらの症状として出てきてしまいます。


・体力を考えた働き方を

男性と女性では、そもそもの体力が違います。
男性は昔から外で狩りをして食べ物を持って帰って来られるうに、女性よりも筋肉があったり、外的ストレスにも強いように体が作られています。

女性は、外でバリバリ働き続ける仕様ではないんですね。

男性が「剛」に対して女性は「柔」、という陰陽の対になっています。

なので、女性は体力勝負!毎日忙しく移動しまくる、という働き方は、長期的に続けるには向いていません。


・人生設計も考える

女性は男性と一番違う点は「出産」というイベントがあり得るということ。

そこにはある程度の年齢のリミットも考える必要があります。

会社員ならば産休が取れますし、会社によっては育休などが手厚く整っている環境もあります。
復帰後も有給が使えるなど、最低限のお給料をもらえます。

ですが、起業するとなると、自分が動かなければお金は入ってきません。

もちろん、自営業は働き方を自分で決められるので「主婦の起業」というのも流行っているのは事実です。

ですが、会社を辞めて起業したい、起業家女性として活躍したい!というような思いを持っている場合は特に、起業するタイミングや、いつまで自分主体で働くのか、結婚や子供はどうするのか、などもしっかりと考えておく必要があります。


起業する時の注意点

これは男女問わず言えることですが、起業したい!と思った時には、次のことに注意しておきましょう。

起業の目的を明確に!

まず、どうして起業をしたいのか、明確にしておきましょう。

そして、その目的を達成するには

起業以外の選択肢はないのか。
今のままではなぜダメなのか。
趣味としてやるのではダメなのか(材料費だけもらうとか)
どれくらいのお金を稼ぎたいのか。
起業することや会社をやめることがゴールになっていないか。

ということを客観的に見ておくことも重要です。

私も、以前に今の現状から逃げることだけを目的にして「起業したい」と動いていた時期がありました。

でも、辞めること、逃げることが目的になっていると、起業後のことをあまり真剣に考えられず、かえって苦しくなってしまいます。

また、目的と職種や働き方があっていないと意味がありません。
例えば、お金をしっかり稼ぎたいのに、こじんまりとしたカフェをやったり、趣味で作ったものを販売したりというのは、目的からずれているため、上手くいきません。


メリットデメリットを客観的に考える

多くの人は、起業したい!となった時にメリットだけを見てしまいます。

デメリットもなんとなく理解しているつもりかもしれませんが、本当にきちんと考えておく必要があります。

物事には必ず陰陽両面があり、陰つまりデメリットの影響の方が、影響力が大きいからです。

しっかり紙にメリットデメリットを書き出し、そのデメリットも受け入れた上で起業へと進んでいく必要があります。


自分の性質にあっている?

男性女性という違いはもちろんですが、それ以前に個人個人で違った性質を持っています。

この性質を無視して全く合わない道や、やり方を選んでしまうと、起業後にしんどい思いをし続けることになってしまいます。

自分の性質に合った分野や職種、手段を選ぶことがとても重要です。


運の流れは大丈夫?

起業などの大切なことを始めるタイミングは、とても重要です。

人には誰しも運の良い時期悪い時期があります。

運が悪い時期には判断力が低迷しているため、正しい判断がしにくくなっています。

また、エネルギーが低下しやすいため、会社を辞めたくなったり、現状から逃げたくなりがちな時期。

そんな時期に思い切って今の生活を捨てて起業をしてしまと、後々大変な思いをすることになってしまいかねません。

逆に、運が良い時期には正しい判断がしやすくなりますし、物事もトントン拍子に進みやすいです。

このように、大きなことを決断するタイミングの運の流れは、必ず見ておくべきです。


まとめ

女性に向いている起業の仕方、いかがでしたでしょうか。

まずは、女性と男性の違い=陰陽の性質をしっかりと理解した上で、男性と同じ土俵で戦うのではなく、女性ならではのやり方を知る必要があります。

そして、目的を明確にし、メリット・デメリットをしっかり考え、自分の性質や運の流れを把握して、自分にあった起業の仕方を模索しておくことが重要です。

起業は「勢いや思い立ったタイミングが重要!」という人いますが、起業後に大失敗したり鳴かず飛ばずの状態にならないためには、こうしたことをきちんと考えておくことが必要不可欠です。

もし、現状に不満があるから違う道として起業をしたいと思っている方がいたら、少し立ち止まって下の記事も読んでみてくださいね^^

【関連記事】

京都在住、女性メインの四柱推命鑑定士。 伝統風水師の嫁。 風水、陰陽五行の学びや心理学、自分の経験を活かして 悩める女性のサポートを行っています。 詳しいプロフィール・ストーリーは、こちら♪
Back To Top