【年末年始の過ごし方】開運に繋がるおすすめの過ごし方!

風水・パワースポット

【年末年始の過ごし方】開運に繋がるおすすめの過ごし方!

もうすぐお正月。
みなさんは、年末年始はどのように過ごしますか?

まとまった休みが取れるという方も多いのではないでしょうか。

そんないつもとは違う年末年始の休暇をダラダラと過ごしてしまうのはもったいない!

せっかくなら開運につながる有意義な過ごし方をしてみましょう。

そうした時間の使い方の積み重ねが、将来を変えていきます!


年末年始の過ごし方!おすすめ5選

今年はコロナなどもあり、いつもよりも家でゆっくり過ごすという人が多かったり、帰省せずに一人で過ごす、夫婦だけで過ごす、という人も多いのではないでしょうか。

そんな時こそやりたい、開運にもつながるオススメの年末年始の過ごし方を厳選しました!


①断捨離

年末は、新年に向けて大掃除をする人が多いですよね。

掃除を楽にするためにも、新しい年をスッキリと迎えるためにも、まずは「断捨離」をおすすめします。

周りに物が溢れている状態は、私達のエネルギーをどんどん奪っていきます。
目に入る情報量が多いほど、私達は無意識の判断や思考を増やしていることになるからです。

だから、掃除のためだけでなく、エネルギーを高く保って運を上げるためにも、断捨離はとっても重要。

さらに、今年(2020年)の年末12月29日は月破大耗という凶日。

凶日なんですが、物を捨てる、手放す、壊す、というには最適な日なんです。
まさに、断捨離にピッタリの日。

断捨離については、こちらも参考にしてくださいね^^


②おせちやお正月飾りを楽しむ

年末年始と言えば、しめ縄を飾ったり、鏡餅を準備したり、おせちを用意したり…お正月の準備で忙しいですよね。

一人暮らしの方、帰省しないよという方は、あまりお正月の飾りやおせちを用意しない人も多いかもしれません。

ですが、お正月のように日本の伝統行事には「非日常を体験する」という開運ポイントが隠されています。

私たちは、陰陽のバランスをとることが重要。
陰陽のバランスをとるには様々な方法がありますが、その一つが「日常と非日常」。

日常が陰、非日常が陽。

同じような日常が繰り返されていると、私たちは飽きてきてしまいますし、気持ちがダレてきてしまいます。

そこに、たまに非日常を入れることで陰陽が循環し、気持ちが切り替わり、新たに頑張ろう!という活力がわいてきます。

だから、一人暮らしの方、普段あまり行事ごとをしないよという方も、ぜひ簡単で良いので、お正月気分を味わえる飾りやおせち料理、お雑煮などを楽しんでほしいと思います。


③神社参拝を短時間で済ますには

年末年始と言えば、やはり神社へ初詣に行く人が多いのではないでしょうか。

みんながお正月に神社に詰めかけるので、小さな神社であっても、けっこうな行列になっています。

お正月は長時間外にいるのは寒いですし、今年はコロナなどの感染対策として「密を避けたい」という人が多いですよね。

でも初詣には行きたい…そんな時には、これを覚えておいてください。

・参拝時は列に並んで真正面から参拝する必要はない
・名前や住所を神様に伝える必要はない

なんとなく真正面から手を合わせたほうが願い事が届きそうな気がするのは分からないでもないですが、神様的にも、脇からの参拝でも同じです。

実際、伊勢神宮などでも、正面だけでなく脇からの参拝も勧められます。
わざわざ正面から拝むために、並ばなくても効果は同じなんです。


また、神様に自分の願い事をしっかり聞いてもらうために「自分の名前と住所を言う」という人がけっこう多いです。

ですが、本来神社は願い事を叶えてもらうところではなく、「感謝の気持ちを伝える場所」。
二礼二拍手一礼して、感謝の気持ちを伝えれば十分です。


④自分と向き合う時間をつくる

まとまった時間がとれる、ゆっくりとした時間がとれる、一人になれる時間がある…そんな年末年始は、自分と向き合う絶好の機会です。

開運の一番重要なポイントは「自分を知ること」です。

四柱推命は自分を様々な角度から知るためのツールです。

四柱推命鑑定を受けていなくても受けていてもぜひやってほしいオススメのワークは、過去の自分を振り返り、仕事や恋愛、人間関係などで失敗してしまったことを書き出し、その理由を深堀りしていく作業。

すると、どの失敗にもけっこう共通点が見えてきて、それが今後の人生を左右する鍵となる性質となります。


⑤目標を立てる

一年の計は元旦にあり、とも言います。
年始には、ぜひ目標を立てましょう。

その目標を立てるときにはぜひ、次のことを意識してみましょう。

・「自分の性質」にそって目標をたてる
・将来どうありたいか、というところから逆算する

④で自分と向き合って得た「自分の性質」を取り入れた上で目標を立てることで、より有意義な目標を立てることが出来ます。

そして、将来どうなりたいか、どうありたいか、という遠い未来から逆算して、そのために今年は何をすべきか、という目標を立てることで、無意味に高い目標を立てたり、やる気が出なくて、けっきょく年末に「何もやってない…」といった事態を防ぐことが出来ます。

もし自分はどのように目標を立ててよいかわからない…という場合は、四柱推命鑑定を受けてみてくださいね。
あなた自身の性質と命運をみて、現状をお聞きした上で、一緒に考えていきましょう^^


まとめ

年末年始の開運につながるおすすめの過ごし方、いかがでしたでしょうか。

・断捨離
・おせちやお正月飾りで非日常を楽しむ
・神社参拝は正しく「感謝を伝える」
・自分と向き合い自分を知る
・目標を立てる

でしたね。

せっかくの年末年始という、ちょっと特別な数日。

開運や今後の人生につながる有意義な過ごし方をしてみてくださいね!

京都在住、女性メインの四柱推命鑑定士。 伝統風水師の嫁。 風水、陰陽五行の学びや心理学、自分の経験を活かして 悩める女性のサポートを行っています。 詳しいプロフィール・ストーリーは、こちら♪
Back To Top