「宝くじは天赦日に買うと当たる」は間違い!当たった時の注意点も。

風水・パワースポット

「宝くじは天赦日に買うと当たる」は間違い!当たった時の注意点も。

よく宝くじ売り場に行くと「天赦日」「一粒万倍」という幟が立っています。
天赦日や一粒万倍日、大安などの日に宝くじを買うと、当たりやすいという情報がよく見られます。

ですが、実はこの情報、天赦日などの擇日の意味を正しく知ると、間違っていることがわかります。

宝くじが当たりやすいのは何の日なんでしょうか。

宝くじの注意点も含めて、お伝えしたいと思います。


宝くじを買うと良い日は?

宝くじが当たるのは縁起が良いので、縁起が良いとされる天赦日、一粒万倍日、大安の日が好まれるようです。

ですが、擇日でその日の意味を考えると宝くじを買うなら

「月破大耗」

という日です。

実は、この日は契約ごとや、新しいことを始めるのには良くない日なんですが、それは月のエネルギーと日のエネルギーが衝突する不安定な日だから。


ですが、「衝突=当たる」ということで、宝くじやパチンコなどギャンブル性のあるものはこの日に買うと「当たる」と言われています。

一粒万倍日、大安は、風水の「擇日」という日選びの技術では特に意味を持っていません。
大安は結婚式などでもよく使われますが、ほぼ「月曜、火曜…」と同じような感覚で使われているに過ぎないので、本来の伝統風水では特に気にしないんです。

天赦日は擇日で確かに年に数回しかない貴重な吉日です。
ですが、「全てに良い日」ではないんですね。
天赦日は宝くじを買うよりも、もっと大切なことに使いたいですね。


宝くじは財運・金運が上がれば当たる?

宝くじを当てたい!と金運・財運を上げるパワースポットに行く人がたまにいます。

このブログでも、財運のパワースポットについてや、財運の上げ方などの記事を何度か書いています。

ですが、実は金運のパワースポットは、「宝くじが当たる!」とか「ギャンブルで勝てる」というわけではないんです。

特に上の記事で紹介している金運パワースポットは仕事で成果を上げることで入ってくるお金の方です。

「金運が上がる」というとお金が降ってくるように思われるかも知れませんが、しっかりと種まきをして、その芽が出るのを助けてくれるのが金運・財運のパワースポット。

宝くじの場合はギャンブル要素、棚からぼたもち的な効果を狙った方位などを利用するほうが良いかもしれませんね。

次のようなデメリットもあるので、あまりオススメはしませんが…


宝くじが当たった時の注意点

宝くじで当たるのは嬉しいですが、高額当選すると破産してしまう、狂ってしまう…といった噂は聞いたことがないでしょうか。

実は、気をつけていなければ、そうなってしまうのは当然なんです。


これは、六神の関係を表した図です。(六神についてはこちら
この関係をみると、「財」は「印綬」を弱める関係になっています。

つまり、いつも以上にお金が手に入ると、思考や判断力が狂ってしまうということ。
そのため、宝くじ高額なお金が急に入ってくると、判断力が鈍って無意味にお金を使ったり、騙されたり投資で大失敗したり、人間関係が壊れてしまったり、といったことが起こりやすくなります。

また、印綬は「健康」も意味するので、体調を壊したり怪我をする場合も多いです。
大金が手に入るなら体調不調くらい我慢する!という方もいるかもしれませんが、そんな軽くすむとも限りません。

なので、急激にお金が入ってくるときは、判断力、思考、健康などに注意が必要なんです。


これを避けるためには、万が一急に大きなお金が入ってきたときは、いつも以上に健康面や怪我や事故に注意をしましょう。
また、お金を「官」=社会的地位、責任といったものに使うと印綬を弱めるエネルギーではなく、官を生み出すエネルギーへと循環しやすくなり、思考や判断力、健康へのダメージを減らすことが出来ます。

公的な団体などに寄付をしたり、社会的地位を上げるための勉強代などに使うのも良いかもしれませんね。


まとめ

ギャンブル的な要素で急に大きなお金が入ることにはリスクもありますので、宝くじを買うことを積極的にすすめるわけではありませんが、買うなら「天赦」よりも「月破」が擇日としては正解になります。

(もちろん日だけ合わせれば必ず当たるわけではないですよ~)

ぜひ日選びや財運について正しい知識を持って、豊かな人生をつくっていくために活かしてほしいなと思います。

京都在住、女性メインの四柱推命鑑定士。 伝統風水師の嫁。 風水、陰陽五行の学びや心理学、自分の経験を活かして 悩める女性のサポートを行っています。 詳しいプロフィール・ストーリーは、こちら♪
Back To Top