【運のいい人の特徴】運が良い人悪い人の違いは「習慣と顔」に出る

風水・パワースポット

【運のいい人の特徴】運が良い人悪い人の違いは「習慣と顔」に出る

あの人は運がいい、私ってけっこう運が良い、逆に最近運が悪い…そんなふうに感じること、ありませんか?

運がいい、悪いというと曖昧な表現で、思い込んだもの勝ち!という感じもしますが、実は風水・四柱推命で考える「運が良い状態」というのはきちんと説明することができます。

それでは、運のいい人の特徴、そして運が良い人悪い人の違いは何なのか、見ていきましょう!


運のいい人の特徴

運が良いとは?

運が良い人の特徴を見る前に、まず風水・四柱推命でいう「運の良い状態」が何なのかを明確にしておきましょう。

一つは、「運のバイオリズムで運が良い時期にいる」ということ。
人間は誰しも必ず「運のいい時期、悪い時期」がやってきます。
これは、生まれた時に決まってしまうものなので、変えることはできません。


もう一つは、「運が良い=エネルギーが高い状態」と言い換えることができます。

みなさんは、「運が良いな」と感じるのはどんな時でしょうか。

・トントン拍子に事が進む
・商談が上手くいく
・思ったとおりに物事が運ぶ
・周りの理解や協力、助けが得られる

こんな感じではないでしょうか。

このそもそもの要因としては、あなたのエネルギーが高いことなんです。
エネルギーが高いと

・正しい判断、思考ができる→予測や計画が筋道だっていて上手くいきやすい

・やる気、活力が湧く、フットワークが軽くなる→周囲の人、客先などに良い印象、影響を与えやすい

というふうになり、「運が良い」と言われる状態になるんですね。

ちなみに、運のバイオリズムで「運が良い時期悪い時期」があるといいましたが、それは「エネルギーが高まりやすい時期、下がりやすい時期」と言い換えることも可能です。

つまり、運を良くするにはエネルギーを高くすることが重要だということです!


特徴①エネルギーが高い

ということで、運のいい人人の特徴は「エネルギー値が高い」ということ。

具体的には以下のような習慣が特徴と言えます。

・しっかり食事のバランスがとれている(自分にあったものを食べている)
・しっかり睡眠をとっている(質と量)
・休息を意識的にとっている
・お風呂では湯船につかっている
・家の風水が整っている。もしくは定期的にパワースポットに出かけている
・無駄な「気」を使わない
・家の中、デスクの上などがスッキリしている

食事、睡眠、湯船につかる、といったことは、風水の古典の中でもエネルギーを高める、補充するために欠かせないことなんです。

また、休みの日に外出ばかりするのではなく、「体を休める」ということを意識的にできる人は、エネルギー値が高いです。

そして、家の風水(特に寝室)はエネルギーを充電できるかどうかが分かれる重要なポイントでもあります。
もし家の風水が不十分なら、正しいパワースポットに定期的に出かけ、エネルギーをチャージする必要もあります。


また、「気を使う」という言葉通り、「気=エネルギー」はどんどん消耗されます。
普通に生活していてもエネルギーを消費しているのに、気を使いすぎてヘトヘトになっている人が多いです。
自分のエネルギーが低いうちは、無駄に人に気を使うのはやめましょう。
エネルギーが十分に高まってくると、自然と人に「気を配れる」ようになってきます。

また、最近「断捨離」が流行っていますが、身の回りに物が多いと、私達はエネルギーの消耗が増えてしまいます。
物が多いということは、それだけ判断する量が増えるからです。

ぜひ、意識してみてくださいね。

特徴②運のいい人と付き合う

これは、結果的にそうなっているという場合も多いです。
なぜなら、運が良い、エネルギー値が高い人と運の悪いエネルギーの低い人が一緒にいると、運が悪い人のほうがしんどく感じるようになり、離れていくことが多いからです。

もし、運を上げていきたいと思うなら、少ししんどく感じるかもしれませんが、意識的に「運のいい人と付き合う」ことが大切になってきます。


特徴③目が開いている、黒目が大きい

今度は顔の特徴。

人相は、自分の「今の運の状態」を把握するための重要な指標となるんです。

運のいい人はエネルギーが高いと言いましたが、人相学でみると「目」はその人のエネルギーが一番現れると言っても良い場所です。

目が大きい、細いなどは関係なく、「普段の自分の状態」に対して目がしっかり開いているかどうか、です。

また、黒目の大きさが大きく、しっかりと上まぶた、下まぶたに接している状態が、エネルギーが高い=運のいい状態ということができます。

目に力があるとも言えますね。


特徴④顔色が良い、艶がある

運が良い=エネルギーが高い人は、顔色にも特徴が出てきます。
人相学では「白過ぎる、黒い(日焼けではなく暗い感じ)」という顔色が特に悪いとされています。

白すぎる顔色は生気が足りていない、つまりエネルギーが足りていない状態。
黒い(暗い)顔色は運がかなり低迷している状態の典型といえます。

そして、エネルギーがしっかりと充電できている人は、肌に艶があります。
これは、健康面で考えても理にかなっていますよね。
睡眠のや食事の管理がきちんと出来てエネルギーが高く保てていれば、肌も健康になります。


まとめ

運のいい人の特徴、いかがでしたでしょうか。

運が良い人と悪い人の違いは日々の習慣から生み出されるエネルギーにあり、顔や人相に顕著に現れてきます

運のいい人のやっている習慣として

・しっかり食事のバランスがとれている(自分にあったものを食べている)
・しっかり睡眠をとっている(質と量)
・休息を意識的にとっている
・お風呂では湯船につかっている
・家の風水が整っている。もしくは定期的にパワースポットに出かけている
・無駄な「気」を使わない
・家の中、デスクの上などがスッキリしている

などを例として上げましたが、そんなに難しいことではありませんよね。

日々、あなたも取り入れられることがあるはずです。

ぜひ、運のいい人の習慣を取り入れて、運を上げていきましょう!


【関連記事】


和風水セミナー@大阪・京都】
四柱推命って何?風水って何?
私はどう活用したら良いの?
そんな疑問にお答えする、一般公開セミナー大阪・京都にてやってます♪
講師をつとめるのは伝統風水師である夫ですが、私もおります^^
また、全国どこからでも受けられるWEBセミナーもあります!
★★詳細はこちら★★

京都在住、女性メインの四柱推命鑑定士。 伝統風水師の嫁。 風水、陰陽五行の学びや心理学、自分の経験を活かして 悩める女性のサポートを行っています。 詳しいプロフィール・ストーリーは、こちら♪
Back To Top