【夫婦円満の秘訣】円満な夫婦の特徴~試す価値あり厳選6選!~

夫婦・家族のこと

【夫婦円満の秘訣】円満な夫婦の特徴~試す価値あり厳選6選!~

夫婦円満になりたい、結婚している、もしくはこれから結婚するなら誰しもが思うことですよね。

よくパートナーとの相性を気にされる方も多いですが、夫婦円満のコツは、間違いなくお互いの日々の努力です

私の周りの素敵な夫婦、会社員時代に見聞きしたあまり円満ではない夫婦、鑑定に来られる様々な夫婦の話を聞く中で、円満な夫婦には共通点があると感じています。

また、私も結婚してから月日を重ねる中で気がついたこともあります。

今日は、普段の意識で変えられる夫婦円満のコツを6点に厳選してお伝えしたいと思います。


①伝えるべきことは伝える

きちんと会話をしていますか?
長い間一緒にいると、「これくらい言わなくてもわかるでしょ」とか「親なんだから」「夫婦なんだから」という「全部説明しなくてもわかって当たり前」という気持ちが出てきてしまいます。

これは、特に女性に多い傾向。

女性は目の前の人の顔色などをみて、雰囲気で察知するのが比較的得意なんですよね。
でも、基本的に男性はそうではありません。
これ、けっこう夫婦喧嘩の原因になることが多いです。

面倒がらずに、きちんと伝えるようにしましょう。

また、自分の意見をあまり言えないタイプの人。
このタイプの人は我慢できているうちは割と平和に円満に進んでいるように見えますが、ある日突然我慢の限界に達して夫婦仲が崩壊、ということも多々あります。

どちらのタイプも、普段の会話から「丁寧に伝える」ということを心がけましょう。


②ホウレンソウ(報連相)をしっかり

これも「伝える」につながることですが、報告、連絡、相談ができている夫婦は円満です。

特に、ちょっとした連絡。

「今から帰ります」、とか「明日は飲み会だからご飯はいらないよ」などの事前連絡はけっこう重要。

待っている側からすると心配にもなるし、だいたいの帰宅時間などがわかっていれば予定も立てやすい。

この連絡をいれるのにLINEなんかだったら10秒もかかりませんよね。
そういった些細なホウレンソウから見直してみましょう。


③一緒に過ごす時間を大切に

夫の帰宅時間が遅かったりすると、なかなか一緒に過ごす時間がとりにくい場合もありますよね。
ご飯も別々に食べる、という家庭もけっこうあります。

ですが、私の周りでも夫婦円満な家庭ほど、ご飯は一緒に食べるなど、一緒に過ごす時間を大切にしています。
特に食事って、幸せな気持ちを共有しやすいですからね。
会話も生まれやすい。

「夫が帰ってくるまで待てない!」という場合は、ちょっと何かつまんで空腹を紛らわせたり、せめて一緒に食卓に座って話をしたり同じテレビを見たりといった工夫をしてみましょう。


④同じ部屋で寝る

一緒に過ごす時間を大切にする、ということに通じますが、夫婦が同じ寝室で眠ることは風水でも重要なこととされています。

なぜなら男女はお互いに触れ合うことでエネルギーの交換をしているから。
手をつないだり、触れ合ったりといったスキンシップは風水的にもとっても重要なんです。

それに、もし喧嘩してしまった場合、夫婦別室だと仲直りしなくても何となくやり過ごせてしまったり、お互いの体調なんかも見えにくくなってしまいます。


ですが最近は「夫婦別室で寝る」という夫婦が増加傾向にあるそうです。
理由としては
「エアコンの理想温度が違うから」
「相手の物音やいびきなどが気になる」
「趣味の部屋を寝室にしている」といったもの。

これに対しての対応方法としては、

エアコンの理想温度が違う
→掛け布団や空調の向きなどで体感温度はそれぞれ調整する

趣味の部屋がほしい
→風水的には「寝室」は寝る専門の部屋にすることがベストです。
 寝る前に何かをしたり、プライベート空間が欲しい場合は、寝室とは別にしましょう。

相手の物音やいびきなどが気になる
→いびきや歯ぎしりなどは相手の体調の一つでもあります。一緒に改善する努力も大切。
相手の物音などで起きてしまうという場合。ちょっとした音でも起きてしまう、その後眠れないということは、あなた自身が神経過敏になっていたり、寝室のつくりが安眠できる空間ではないのかもしれません。


また、そもそもパートナーに対してイライラを溜めている人ほど、相手の物音にイライラした感情で反応してしまう傾向があります。
寝室以前に、根本的な解決が必要かもしれません。


⑤よそと比べない

これは、特に女性に聞いてほしいところ。

私の周りの素敵な夫婦や、鑑定に来られる様々な夫婦のお話を聞いていると、夫婦が円満にうまく行っている人たちの特徴は

女性が今の現状を楽しんで満足している

という点。

でも、夫の方は「もっと妻を幸せにするにはどうすべきなのか」「もっと良い暮らしをするにはどうしたら良いか」と上を目指している

これが、理想の円満な夫婦。
(これは陰陽の法則、男女の性質の違いですね)

裕福なわけではなかったとしても、その中で楽しみや幸せを見出して日々を楽しんでいる、そういう女性の心の持ち方が、夫婦円満の鍵だったりします。


これが、女性の方が
「あの家はもっと旅行に行っているのに」
「お隣さんはプレゼントに○○をもらったらしい」

などと比べだしてしまうと、おかしなことになってしまいます。
女性の方は特に、「今」を楽しむようにしてみましょう。


⑥男女の違いを理解している

当たり前ですが、現代で忘れられていること。それは「男女でそもそもの性質が違う」ということ。
これをしっかり理解している、または自然に出来ている夫婦は、円満です。

昔むかしは男性が狩りをしていましたよね。
だからそもそも男性は「社会の中で働く」「体力」「力」といった分野が得意。

一方女性は子供を生んで育てるという、女性にしかできない力があります。
そのため母としての強さ、目の前の人の体調などの変化に敏感に気づける細やかさ、などがあります。

この「男性と女性の違い、役割を理解し尊敬する」ということが「お互いに」出来ていることが夫婦円満のコツ。


そして、これらが理解できていると相手に求めすぎなくなります。

・子供に対しての接し方
・家事を手伝ってもらう場合のクオリティ、やり方
・家事や子育ては手伝ってもらって当たり前

こういったことを自分と同じようなレベルで夫に求めてしまったり、「普通はこれくらい当たり前」と求めてしまうと、なかなか夫婦円満になりにくいです。

そのためには、男女の得意・不得意、そもそもの違いがあるということを認めることが大切です。


まとめ

夫婦円満のコツ、厳選6選、いかがでしたでしょうか。

・伝えるべきことは伝える
・ホウレンソウ
・一緒に過ごす時間を大切に
・同じ部屋で寝る
・よそと比べない
・男女の違いを理解する

でしたね。
ぜひ、今日から試してみてほしいと思います。

また、自分自身が疲れてエネルギー不足だったり余裕がないと、相手を思いやることができません。

体を休める、睡眠をしっかりとる、お風呂につかる、しっかり食事をとる、といったことも、実はとても大切です。

素敵な夫婦が増えますように^^

【関連記事】


和風水セミナー@大阪・京都】
四柱推命って何?風水って何?
私はどう活用したら良いの?
そんな疑問にお答えする、一般公開セミナー大阪・京都にてやってます♪
講師をつとめるのは伝統風水師である夫ですが、私もおります^^
また、全国どこからでも受けられるWEBセミナーもあります!
★★詳細はこちら★★

京都在住、女性メインの四柱推命鑑定士。 伝統風水師の嫁。 風水、陰陽五行の学びや心理学、自分の経験を活かして 悩める女性のサポートを行っています。 詳しいプロフィール・ストーリーは、こちら♪
Back To Top