コロナ疲れ、コロナ鬱に注意!【心が疲れる仕組みを知って対策を】

からだのこと

コロナ疲れ、コロナ鬱に注意!【心が疲れる仕組みを知って対策を】

コロナの影響で、学校に行けない、出勤できない、遊びに行けないなど、ストレスをためて精神的に疲れている人がとても多いですね。

また、連日報道されるニュースや経済状況に不安になって心が疲弊したり鬱になりそうな人も多いよう。

こんな時だからこそ、しっかりと備えておきたいけれど、精神的に疲れたり鬱になってしまっては、それも無理ですよね。

今日は、コロナ疲れ、コロナ鬱にならないように、対策をお伝えします。


心が病んだり、鬱になる条件

私たちは、どんなときに心が疲れて病んでしまったり、鬱になったりするのでしょうか。それは

・心と言動が一致していない
・陰陽やエネルギーのバランスが崩れている

という時です。

まず「心と言動が一致していない」について。

自分がやりたいことなど、自分の気持ちを長期間抑え込んでいる、自分の気持ちに反したことをやり続けていると、心に負担がかかり、鬱になりやすくなります。

だから、このコロナで外出自粛を要請されてずっと家にいる。だけど天気も良いし天気も良いし、外で遊びたい!人に会いたい!という気持ちが解消されずにいると、心が疲れてしまうんですね。

だから、工夫をしてこの欲求を満たしてあげる必要があります。
(後ほど書きますね)



次に「陰陽やエネルギーのバランスが崩れている」について。

外出自粛ムードや、緊急事態宣言で、今「楽しんではいけない」というムードが漂っています。

また、連日の感染拡大ニュースや仕事が制限されるなどの経済面での不安から、圧倒的に不安、恐怖という感情が私たちを支配します。

そうすると、下の5つの感情のうち、一箇所に偏ってしまうという事態が発生します。


不安、恐怖、などは○をした位置にあたります。

エネルギーは本来バランスよく、かつ循環していることが大切。
それが、一箇所に偏って滞ってしまうと、精神的にも問題が出てきやすくなります。

また、五志で考えると不安、恐怖というのは楽しみ、喜びの感情を押し殺してしまいます。


これらの5つの感情はすべて必要。
闇雲にひとつの感情だけを増大させてしまっては、体にも心にも不具合が生じるんです。

もちろん恐れや不安も適度に持つことは必要ですが、あくまでも「適切に」です。


更に、今年2020年は庚子年ということで、水のエネルギーが強烈に強まる年。
水のエネルギーは、「不安、恐れ」という感情を強めます。
ただでさえそういう年なので、それに必要以上に飲み込まれないようにしたいですね。


コロナ疲れ、コロナ鬱の対策方法

それでは、鬱や精神的(身体的)疲れの原因がわかったところで、対策方法を具体的に見ていきましょう!


①情報を正しくとる

毎日ニュース番組をみていると、不安ばかりが煽られますよね。

ですが、ニュース番組がすべて正しいこと、真実ばかりを伝えてくれているとは限りません。
実際に、コメンテーターや専門知識を持つ人の選定段階で、その番組やテレビ局などの「伝えたいこと」はある程度操作することが出来ます。

だからテレビを見るのはやめましょうということではなくて、本当にそうなの?このデータの出し方は正しいの?反対意見は本当に存在しないの?という目線でいろいろなところから情報を得ることも大切です。

正しい知識が得られれば、適切に恐れ注意し、適切な楽しみ方を見つけることもできます。

そうすることで、むやみに恐怖や不安ばかりを高めることなく過ごすことが出来ます。


②楽しいことを見つける

心と言動が一致しない状況が続くと、鬱になりやすいと書きました。
また、何かと楽しいことが制限されがちな時期。
5つの感情の中でも「喜び、楽しみ」が欠けてバランスが崩れてしまいがちです。

こんな時だからこそできる、楽しむ方法を見つけましょう。

例えば、時間がなくて出来ていなかった趣味を再開する。
料理に手をかけてみたり、ゆっくりお茶を楽しみながら本を読んだり。


今の時代にのるなら、ネットを利用してオンライン飲み会なんかも良いですね。
最近私も実践してみましたが、大人数でもできますし、終電も気にならないし、コストも安いし意外と楽しいですよ♪


また、人のいないところでアウトドアというのもオススメです。

車を持っている人は、ぜひ穴場を探してバーベキューや川遊び、自然の中で癒やされるなど、楽しむ方法を見つけてみてください。

実は釣りが得意な風水師♪
全然人がいない!


③エネルギーを高める

そもそも持っているエネルギー値が低いと、心も体も疲れやすくなります。

エネルギーとは、生命機能を動かす力、活動する力、精神的な気力を高める力です。

このエネルギーを高めるには、

・睡眠
・食事
・お風呂で湯船につかる
・日光浴
・軽い運動

などが大切です。

エネルギーを高めることは、同時に免疫力を高めることにもつながります。
外出自粛と言われ続けると一日中家に引きこもりがちな人も多いかも知れませんが、朝人の少ない時間に散歩に出かけるなど工夫をしてみましょう。

こちらにも詳しく書いています。


まとめ

コロナ疲れ、コロナ鬱の原因と対策、いかがでしたでしょうか。

心の疲れ、鬱の原因は
・心と言動が一致していない
・陰陽やエネルギーのバランスが崩れている

コロナ疲れ、コロナ鬱の対策は
・情報を正しく取る
・楽しいことを見つける
・エネルギーを高める

でしたね。

得る情報や感情はしっかりと自分でコントロールして、偏らないようにしたいですね。

今だからこそできること、こんな状況だからこそ見直せることもあります。
今という時間をただただ不安に飲まれてしまわないように、できることをしていきましょう^^


和風水セミナー@大阪・京都】
四柱推命って何?風水って何?
私はどう活用したら良いの?
そんな疑問にお答えする、一般公開セミナー大阪・京都にてやってます♪
講師をつとめるのは伝統風水師である夫ですが、私もおります^^
また、全国どこからでも受けられるWEBセミナーもあります!
★★詳細はこちら★★

京都在住、女性メインの四柱推命鑑定士。 伝統風水師の嫁。 風水、陰陽五行の学びや心理学、自分の経験を活かして 悩める女性のサポートを行っています。 詳しいプロフィール・ストーリーは、こちら♪
Back To Top