実家・義実家に帰るのがめんどくさい!【関係性を知るとうまく回りだします】

夫婦・家族のこと

実家・義実家に帰るのがめんどくさい!【関係性を知るとうまく回りだします】

お正月やお盆などは、実家に帰ったり親戚で集まったりする機会が増えますよね。

実家に帰るのはなんだか憂鬱だな…
夫の実家に帰るのって何だか窮屈だし、めんどくさいな…

そう感じている人はたくさんいるようです。

今日は、実家・義実家との上手くいく付き合い方をみていきたいと思います!


六神で考える実家、義実家の関係

四柱推命には、「六神(りくしん)」という考え方があります。
専門用語でいうと、

比肩(ひけん)、食神(しょくじん)、財、官、印綬(いんじゅ)

という5つのエネルギーで、これらにあらゆるものの関係性を当てはめることができるんです。

今回は、家族関係を六神に当てはめて考えてみましょう。
すると、下の図よのような関係になります。


この関係は、男性からみるのと女性からみるので違ってくるので、上の図は「女性のあなた」からみた関係になります。


5つが、互いに生み出し合ったり、弱めあったりする関係にあるのがわかりますよね。

あなたが子供を生み出し
あなたの子供が夫の両親を生み出し…

という具合に。

この生み出し合うというのは、単純に「産んだ」というだけでなく、今でもこの循環を意識することで、相手のエネルギーを生み出してあげられるということ。


①あなたの実家に行った場合

では、あなた(奥さん)の実家に行ったとしましょう。

あなたの両親は、当然あなたのエネルギーを高めてくれる力を持っています。

そして、あなたの夫は、あなたの両親を生み出す力を持っています。

あなたの実家に行くときは、夫とあなたの両親の関係を深めると、夫婦と実家との関係が、うまく回りだします。
夫があなたの両親を労る、何か働きかける、などを積極的にする方が良いということ。

自分の実家だからと自分ばかりくつろがずに、夫が両親と積極的に関われるように工夫してあげてくださいね^^


②義実家に行った場合

それでは、あなたの義実家、つまり夫の実家に行く場合。

多くの結婚した女性にとって、これが一番めんどくさいと感じる人が多いようです。

ではもう一度、六神の関係を見てみましょう。


あなたの子供が、夫の両親を生み出す関係にあるのが分かると思います。

そう、義実家に行った時は、もしお子さんがいる場合は、子供を夫の両親に預ける気持ちで、遊んでもらったり、関わってもらいましょう。


また、六神の関係をみると、子供を介さずにあなたが夫の両親に直接働きかけてしまうと、どうしても角がたつのは、自然の摂理で仕方のないことなんです。

あなたと夫の両親は、「弱める」関係にあるから。


だから、夫の両親に何か言いたい時は、子供に言ってもらったり、「この子がこう言ってるんですよ~」とか「こうするとこの子喜ぶと思うんですよね」などと柔らかく言ってみると、うまく行ったりします。


③番外編~普段子供を預けるなら~


また、普段から子供を預けるのは、自分の実家よりも、義実家の方がベストです。

どうしても自分の両親の方が気軽に預けやすいし、無理も言いやすいので、奥さんの実家に預けがちですよね。

でも、六神の関係で見ると、夫の実家に預けたほうが、家族関係がうまく回りだします。

実際、これを無意識にしているところは、関係がうまく行っています。



もちろん、両親や義両親の人柄、性質などもあるので、一筋縄ではいかない場合もあると思います。

その場合は、その人の性質を四柱推命で知っておくと、付合い方がわかったり、何か言われても、傷つきにくくなります。

このように、四柱推命、六神は人間関係にとってもよく役立ちます。

ぜひ、活用してみてくださいね^^


四柱推命鑑定
自分のことをもっと知りたい
自分と向き合いたい
私の良さを活かした人生を歩んでいきたい
そんなあなたに知ってほしい。
四柱推命鑑定の詳細はこちら^^
大阪・京都、関西圏の方はもちろん、ZOOMでのWEB鑑定もご相談ください♪
紙面(ダウンロード版)もございます。

和風水セミナー@大阪・京都】
四柱推命って何?風水って何?
私はどう活用したら良いの?
そんな疑問にお答えする、一般公開セミナー大阪・京都にてやってます♪
講師をつとめるのは伝統風水師である夫ですが、私もおります^^
また、全国どこからでも受けられるWEBセミナーもあります!
★★詳細はこちら★★

京都在住、女性メインの四柱推命鑑定士。 伝統風水師の嫁。 風水、陰陽五行の学びや心理学、自分の経験を活かして 悩める女性のサポートを行っています。 詳しいプロフィール・ストーリーは、こちら♪
Back To Top