妊娠力を高めるポイント【あなたの性質にあった対策を!】食べ物編

からだのこと妊娠力を高めるポイント【あなたの性質にあった対策を!】食べ物編 への1件のコメント

妊娠力を高めるポイント【あなたの性質にあった対策を!】食べ物編

子供を望む人にとってはとっても気になる妊娠力。

前回の記事では体質や、四柱推命で考える生まれ持ったエネルギーなどの様々な視点から、妊娠しにくい人はどういう人か、というのを見ていきました。

今の時点で当てはまっている人も、心配はいりません。

なぜなら、私もその一人だったから。

でも、きちんと自分のことを知って、自分にあった対策をしていけば、妊娠力は高めることができます。


妊娠力を高めるポイント!

まずは、昨日のブログから「妊娠しにくい人」のおさらいです。
妊娠しにくい体質&性質。そこを改善しないまま頑張ってもダメ。

①食神のエネルギーが弱い
②水のエネルギーが弱い
③気血水に滞りや不足がある
④運が低迷している
⑤家、寝室の風水が悪い

でした。

今日は、「①食神のエネルギーが弱い」について、私がやったことを紹介してみたいと思います。


食神(しょくじん)とは

まず、前回のブログを読んでくださった方にはおさらいになりますが、食神とは、下の図の六神と呼ばれる五つのエネルギーのうちの一つです。



私たちは生まれつきこの5つのどこかにエネルギーが配分されていて、バランスが良い人もいれば、極端に偏っている人もいます。

食神のエネルギーは、一般的には行動力を意味しますが、女性にとっては「子供」を表します。
自分が生み出したもの、手とり足取り育てるもの、という位置づけです。

この食神のエネルギーが弱い場合、特に若いうちは子供に対する興味が薄かったり、妊娠を望んだとしても食神のエネルギーが強い人に比べると、子供を妊娠する力が弱いんです。

私もこの食神のエネルギーがほぼゼロ。

だから、四柱推命でみた場合にも、あまり妊娠力が高い方ではないんです。


食神のエネルギーを高めるには

もともと生まれ持った性質なので、放っておいたら食神のエネルギーは弱いまま。これを強めていくには、食神というエネルギーを補うことを意識していかないといけません。

食神のエネルギーを高める方法はいろいろあるのですが、妊娠力を高めるという点から言うと、私がやったことは「食神にあたる五行のエネルギーの食べ物を積極的にとる」ということでした。

これは人によって違うのですが、私の場合は食神は「火」のエネルギーになります。

自分にとっての食神の五行が知りたい方は、ぜひこちらのLINE@から個別でご質問ください^^
生年月日をお知らせいただければ、食神が何にあたるかをお伝えいたします!

友だち追加



私の場合は火のエネルギーを強めることが、すなわち食神のエネルギーを強めることにつながります。

火のエネルギーが極端に弱い人は、血液や血流、血圧面で問題が起こる事が多いです。

私の冷え性、低血圧、血虚、脈が遅い…なんかも火のエネルギー不足が一因となっていると思います。

そんな火のエネルギー不足を解消するためには

肉類(特に牛肉)、赤い食材(赤い野菜、マグロなど)、苦いもの、夏野菜

が効果的です。もちろん、その季節の旬のものを中心にバランス良くとってほしいのですが、火のエネルギーが弱い人は、これらの食材は意識して食べてほしいと思います。


それでは、妊娠力にとって重用な食神のエネルギーを補ってくれる食べ物を五行別に挙げていきます。

・木のエネルギーを補う食べ物

木のエネルギーが不足している人は、肝の機能が弱かったり、目が疲れやすかったりします。

木が食神にあたり、これを強めるためには
緑の葉野菜、酸っぱいもの(お酢、梅干し、レモンなど)

を積極的にとることがオススメです。また春には、春の野菜を積極的にとるようにしましょう。


・土のエネルギーを補う食べ物

土のエネルギーが不足している人は、胃腸が弱かったり、エネルギー不足、乾燥肌になりがちです。

そんな土のエネルギーが食神にあたる、そして弱い人にオススメなのが、
根菜類、お米、黄色い食材、自然の甘みがあるもの

です。ダイエット中の女性は遠ざけがちかもしれませんが、お米や根菜類は体にとって重用な役目を持っています。とくに、土のエネルギーが食神にあたる、食神が弱いという人は意識してとるようにしてみましょう。


・金のエネルギーを補う食べ物

金のエネルギーが弱いと、肺が弱く、アレルギーぎみだったり、皮膚が弱い、鼻水が出やすいなどの特徴があります。

その金のエネルギーが食神にあたる場合は、
白い食材(豆腐、大豆、山芋など)、辛味のある食材(ネギ、大根など)、鶏肉

がオススメです。特に秋は金のエネルギーの食材が多くなりますので、秋が旬の野菜や果物もオススメです。


・水を補う食べ物

水のエネルギーが弱い人は、腎が弱く女性でいうと子宮や卵巣に問題が起きやすかったり、冷えや耳鳴り、白髪、疲れなどに悩まされたりします。

そんな水が食神に当たる場合は
黒い食材(黒豆、黒ごま、昆布など)や魚介類、塩味のある食べ物、豚肉

を積極的に取り入れてください。また、冬が旬の野菜にも水のエネルギーを高めてくれるパワーがあります。


〇〇が良いと決めつけていませんか?

いかがでしたでしょうか。

健康のためには野菜をいっぱい食べるべき、妊娠力アップには〇〇が良い、などの情報がたくさん出回っていますが、本当は人によって積極的に食べたい食材は様々です。

もちろん、そればかりに偏るのは良くないので、あくまでバランスは重用です。


私は、一人暮らしの期間が長く、忙しいし面倒だし…とあまり料理もしない方でした。
また、20代のうちは万年ダイエット中だったこともあり、「肉」というものは、友達や会社の人と外食をするたまの機会にしか食べていませんでした。

納豆や豆腐食べてればタンパク質とれるし、野菜食べてれば大丈夫でしょ!と思っていました。

でも、私の四柱推命での性質は、火がとても弱いです。その上、食神に火がきている。
その当時は子供のことなんか一切考えていなかったのですが、健康のためにも、私は肉をしっかりとらないといけないタイプだったんですよね。

結婚してから料理もちゃんとしなきゃ!夫は肉が好きだからちゃんと取り入れなきゃ!と思っているうちに、自分も肉を日常的に食べるようになりました。

そうすると、やっぱり体温も上がりますし、疲れやすさや冷えもかなり軽減されました。エネルギーも湧いてきます。

そして、生理痛もだいぶ改善されましたし、妊娠力アップにも繋がりました。
妊娠力が弱い性質の私にとっては、とても重用だったなと思います。

ぜひ、あなたにとっての食神がどの五行のエネルギーにあたるのかを知って、あなたが積極的にとるべき食材を知りましょう。

他にも、私が実践して妊娠力アップに繋がった行動を順次ご紹介していきます!


和風水セミナー@大阪・京都】
四柱推命って何?風水って何?
私はどう活用したら良いの?
そんな疑問にお答えする、一般公開セミナー大阪・京都にてやってます♪
講師をつとめるのは伝統風水師である夫ですが、私もおります^^
また、全国どこからでも受けられるWEBセミナーもあります!
★★詳細はこちら★★

四柱推命鑑定
自分のことをもっと知りたい
自分と向き合いたい
私の良さを活かした人生を歩んでいきたい
そんなあなたに知ってほしい。
四柱推命鑑定の詳細はこちら^^
大阪・京都、関西圏の方はもちろん、ZOOMでのWEB鑑定もご相談ください♪
紙面(ダウンロード版)もございます。

京都在住、女性メインの四柱推命鑑定士。 伝統風水師の嫁。 風水、陰陽五行の学びや心理学、自分の経験を活かして 悩める女性のサポートを行っています。 詳しいプロフィール・ストーリーは、こちら♪

One thought on “妊娠力を高めるポイント【あなたの性質にあった対策を!】食べ物編

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back To Top