【芸能人から学ぶ】土が強い人・土が強まる時期は癌に注意!

からだのこと【芸能人から学ぶ】土が強い人・土が強まる時期は癌に注意! への2件のコメント

【芸能人から学ぶ】土が強い人・土が強まる時期は癌に注意!

前回の記事では、四柱推命の命式で土が強い人、土が強まる時期には癌になる可能性が高まるので注意しましょう、ということを書いていきました。

ですが、最初はなかなか信じがたくて、なかなか普段から気をつけようという気にはならないかもしれませんね。

ということで、今日は芸能人の方で、過去に癌の闘病歴がある方を例に出させていただき、命の作用、運の流れの強さを実感していただければと思います。


★北斗晶さん

元女子プロレスラーであり、タレント、実業家、女優としても知られる北斗晶さん。佐々木健介さんとの夫婦関係も良く、私たちを楽しませてくれています。
そんな北斗晶さんは、2015年に乳がんと診断されました。

・北斗晶さんの命式


火から生み出されるエネルギーもあり、もともと土のエネルギーが強い命式ですね。

・乳がんの四柱推命的理由

2015年7月に乳がんと診断されました。

2015年というのは「乙未」という年。特に後半にかけて土のエネルギーが強まる年でした。
また、未年というのは、命式中に未をもっている北斗晶さんにとっての「大歳(たいさい)」と言われる年で、健康など様々な面で気をつけなければいけない年なんです。

これらの理由から、この年に癌になってしまったといえます。


★小林麻央さん

35歳という若さで乳がんで亡くなられ、私たちが癌、特に乳がんについて考えるきっかけとなったのではないでしょうか。

・小林麻央さんの命式


一番強い五行が、土となっています。そこまで顕著に強いわけではないのですが、大運が大きな要因となっています。
大運は10年ごとに変わる個人の運のバイオリズムで、非常に影響力が大きいです

・乳がんの四柱推命的理由

乳がんが発覚したのが2014年。小林麻央さんが32歳のときでした。
この時、大運「甲辰」の後半「辰」に入っているため、彼女にとって土のエネルギーが強烈に強まっている時期。

さらに、「辰」というのは戌年生まれの小林麻央さんにとっては「冲大歳」といって、良くない時で、「攻撃される」という意味合いもあります。健康面には要注意の時でした。

ちなみに、亡くなられた日も辰の日でした。


★渡辺謙さん

渡辺謙さんは世界各国で映画や舞台、テレビドラマ、CMと幅広く活躍している、日本を代表する俳優ですね。彼は白血病と胃がんを経験されています。そんな渡辺謙さんはどういった命式・運の流れだったのでしょうか。

・渡辺謙さんの命式


それほど突出してはいませんが、土の五行が強くなっています。これまでの2人もそうでしたが、彼にとって「土」の五行は良くない五行となっています。

渡辺謙さんの場合も、土の五行が強まる時期がネックとなっています。

・白血病・胃がんの四柱推命的理由

まずは彼の癌の経歴をみてみます。

1989年(己巳) 30歳の時に急性骨髄性白血病と診断
1994年(甲戌) 再発
2016年(丙申) 2月に胃がんであることを公表

まず最初に白血病と診断されたのは、1989年は己巳年で、火と土のエネルギーが強まる年。
さらに、大運をみると「辛未」となっていて、29歳から33歳にかけて、土のエネルギーが強烈に強まっている時期でした。

1994年の再発の年は、甲戌の年。この歳も、土のエネルギーが強まる1年だったため、この歳に再発したと考えられます。

2016年2月9日に胃がんであることを公表し、手術を受けられています。四柱推命では旧暦で考えるため、2月から一年がスタートします。つまり、胃がんになったのはその未年、つまり土のエネルギーが強まる時だったということです。
さらに、その時(56歳)の大運をみると、「戊辰」。強烈に土が強まっている時期でした。

幸い奥さんに人間ドックをすすめられ、早期発見が出来たため、すぐに復帰することができたようです。


★堀ちえみさん

歌手、女優、タレントとして知られる堀ちえみさん。今年(2019年)はじめに口腔がん(舌癌)ステージ4であることを公表され、まだ記憶にも新しいですよね。

・堀ちえみさんの命式


比較的、土が強い命式です。それほど顕著に土が強いわけではないのですが、やはり運の流れで土が強まった時期に、癌をになっています。

・口腔がん(舌癌)の四柱推命的理由

2018年夏頃(戊戌) 口内炎ができ、薬やレーザー治療をするも酷くなる一方。
2019年2月(己亥) 口腔癌(左舌扁平上皮癌)と診断(左首のリンパにも転移)

まず、堀ちえみさんの大運をみると「丁未」。特に51歳~55歳にかけて、土のエネルギーが強烈に強まる時期です。

さらに、症状が出始めた2018年は戊戌年。こちらも強烈に土のエネルギーが強まる時期。2019年も己亥年ということで、前半は土のエネルギーが強い時期でした。

このようにもともとの命式に加えて、大運、流年とともに土が強まったことによって、癌になってしまったんです。


土のエネルギーと癌~まとめ~

癌の闘病歴のある4人の方を例にあげさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか。
今回出した方の共通点は、みなさんもともと土が比較的強く、大運や流年で土のエネルギーが強まっている時期に癌になられていました。

また、どの方も芸能界で活躍されていて、体力的に無理をしていたり、睡眠を削っていたりという方たちがほとんどなのではないでしょうか。

慢性的な疲労や睡眠不足は、特に水のエネルギーを消耗していきます。すると、より土のエネルギーによって弱められやすくなってしまい、癌になる可能性は高くなってきます。

身近な人やよく知っている芸能人の方を例にみることで、自分ごととして取り入れやすくなるのではないかと思い、今回のブログを書きました。

また、芸能人の方はブログなどで闘病の大変さなども教えてくれています。

自分の命式と運の流れを知っていれば、私たちは癌を未然に防いだり、早期発見することが可能です。ぜひ、日頃から癌になりにくい生活習慣を意識していきましょう。

<関連記事>
土が強い人、土が強まる時期は癌に注意!【四柱推命で事前に防ぐ】


四柱推命鑑定
自分のことをもっと知りたい
自分と向き合いたい
私の良さを活かした人生を歩んでいきたい
そんなあなたに知ってほしい。
四柱推命鑑定の詳細はこちら^^
大阪・京都、関西圏の方はもちろん、ZOOMでのWEB鑑定もご相談ください♪
紙面(ダウンロード版)もございます。

和風水セミナー@大阪・京都】
四柱推命って何?風水って何?
私はどう活用したら良いの?
そんな疑問にお答えする、一般公開セミナー大阪・京都にてやってます♪
講師をつとめるのは伝統風水師である夫ですが、私もおります^^
また、全国どこからでも受けられるWEBセミナーもあります!
★★詳細はこちら★★

京都在住、女性メインの四柱推命鑑定士。 伝統風水師の嫁。 風水、陰陽五行の学びや心理学、自分の経験を活かして 悩める女性のサポートを行っています。 詳しいプロフィール・ストーリーは、こちら♪
Back To Top