運を上げるコツは「吉」をとりにくのではなく、〇〇すること

風水・パワースポット

運を上げるコツは「吉」をとりにくのではなく、〇〇すること

最近ついてないな…
大事な日も近いし、運を上げたいな

そんな時、あなたは何をしますか?

よくあるのが、
神社に行って、お願い事をする
合格祈願、安産祈願などのお守りを買う
パワースポットに行く

などなど、あるかと思います。

要は、「吉」を取りに行く行動。

でも、それは果たして本当に運を上げてくれるのでしょうか。

実は、それは落とし穴かもしれません。
正しい運の上げ方、お伝えします♪


吉とりよりも重要なこと


実は、吉をとりに行くことよりも、
もっともっと重要なことがあるんです。

それが、凶を避けること

古典の中でも古くから言われ続けていて
風水・四柱推命を使って幸せな人生を歩んでいくための重要ポイントでもある言葉にもこんなのがあります。

趨吉避凶(すうきちひきょう)

意味は、
凶を避け続けていれば、自然と吉に向かっていく
ということです。

陰陽で考えると
凶が陰、吉が陽。

陰陽の性質
・陰の方が影響力が強い
・陽の方が目立ち、目に付きやすい

などから考えても
一見、陽の方がわかりやすくて、
人間は思わず吉を取りに行きたくなります。


これが良いと聞けば飛びついたり
これをすると運が良くなると聞けば、そうしてみたり
パワースポットに行ったから大丈夫って安心したり。

でも、本来は陰、つまり凶の方が影響力が強いんです。
どんなに吉を集めても、凶を全く避けていなければ
凶作用は免れません。

どんなに合格祈願のお守りを持っていても
神社でお願い事をしていても
パワースポットに行っても
当日体調が最悪で本領発揮できなければ、合格できないですよね。
それは、体調を悪くしそうな「凶」を日頃から避けていなかったから。

ちなみに、人はみんな
「欲」や「感情」によって 凶の方に向かいやすい生き物です。

しっかり意識していないと、流されてしまいます。


本来の神社の役割


先程お守りの例を出しましたが
今でこそ神社ではたくさんのお守りを売っています。
最近はペットのお守りまでありますよね。

ですが、もともと神社の仕事は「厄除け」なんです。
これは、凶を避けましょうね、ということです。
昔の人は、趨吉避凶を自然と感じていたんでしょうね。


私も以前はお守りをたくさん持ったり
パワーストーンのブレスレットにすごく期待したり
神社で必死にお願い事をしていました。

まあ、それ自体は悪いことではありません。

藁にもすがりたい時って、ありますよね。
でも、一番重要なことは

凶を避けていますか?

ってこと。

これくらい大丈夫だろう

やったほうが良いとは思うけど、

難しいしな、忙しいしな

まだ大丈夫かな


そんなふうに
凶を、見て見ぬ振りしているあなたはいませんか?


どんなにお願いをしても
どんなにパワースポットに行っても
凶を避けていなければ、良い結果はやってこないし
嫌な予感や不安な出来事は実際に起こってしまいます。


正しいパワースポットに行くことは確かに効果があるし
四柱推命でその人にとって良いとされる色やアイテムも、あります。

でも、それは凶を避けた上で、はじめて有効になってきます。

やっぱり陰の影響力って強いから。

これまで、吉ばかりを期待して
凶作用に負けてしまった人を、たくさん見てきたから。

もし、あなたも

このままだと不安なことがある
本当はやっておいた方が良いことがある

でも何だか気が進まないし忙しいし
とりあえずパワースポットやお守りで解決しとこ

そんな心当たりが、もしあったら
ぜひ、
この陰陽の法則と趨吉避凶を思い出してくださいね。


四柱推命鑑定
自分のことをもっと知りたい
自分と向き合いたい
私の良さを活かした人生を歩んでいきたい
そんなあなたに知ってほしい。
四柱推命鑑定の詳細はこちら^^
大阪・京都、関西圏の方はもちろん、ZOOMでのWEB鑑定もご相談ください♪

和風水セミナー@大阪・京都】
四柱推命って何?風水って何?
私はどう活用したら良いの?
そんな疑問にお答えする、大阪・京都にて一般公開セミナーやってます♪
講師をつとめるのは伝統風水師である夫ですが、私もおります^^
★★詳細はこちら★★

京都在住、女性メインの四柱推命鑑定士。 伝統風水師の嫁。 風水、陰陽五行の学びや心理学、自分の経験を活かして 悩める女性のサポートを行っています。 詳しいプロフィール・ストーリーは、こちら♪
Back To Top