四柱推命でみるあの人との相性~相性って気になりますか?~

自分を知る・四柱推命Leave a Comment on 四柱推命でみるあの人との相性~相性って気になりますか?~

四柱推命でみるあの人との相性~相性って気になりますか?~


鑑定などの仕事をしていると、よく聞かれること。

「私と相性の良いタイプってどんな人ですか?」
「この人との相性ってどうですか?」

確かに、気になりますよね。
世の中にも、相性占いって本当にたーくさんあります。

「相性をみれますか?」
と聞かれたら

結論を言うと、
相性は 一応見ることができます。

古典の中では
擇偶(たくぐう)といって
配偶者をしっかり選びましょう、という考えがあります。


ただ、しっかりパートナーを選ぶということと
相性をみて選ぶ・やめる、というのは
全然違うと思うんですよね。

今気になっている人がいる
今彼氏や夫がいるけれど、不安なことや不満なことがある
これから素敵な人を見つけたい

そんな人には是非
知っておいてもらいたいと思います。


四柱推命でみる相性


先程も書きましたが、
四柱推命で相性は見ることができます。

仲良くなりやすいとか
考え方が似ているとか
男らしい人女らしい人のバランスが良い組み合わせとか
持っているエネルギーのバランスがどうとか
男性が尻にひかれやすいとか
亭主関白になりそうとか
離婚に注意とか。


二人がどんな関係になりやすいのか
いろいろ見えてきます。


でも。


もし大好きな人や、気になっている人との相性が
「あんまり良くない」
と出たら、どうしますか?

付き合ったり結婚する前の段階で
相手の命式をみて「やめた方が良いかな?」
って思うのって、ちょっと違う気がするんですよね。

最近うまくいってないな…って悩んでいる夫婦が
相性をみて「あー…別れるべきなのかな?」
って考えるのも、ちょっと待ってほしい。


夫婦、男女って
お互いに理解しあって、助け合って
一緒に成長していくもの。

だから、好きになった人との相性は
そんなに気にしなくて良いと思うんですよね。
(遊びで占うくらいなら良いんですけど、四柱推命を本格的に知る人ほど
 相性の良し悪しに囚われがちなんですよね)

それよりも、自分のことを知って
相手のことも知って
補い合っていくことの方が重要。


本当の意味で「パートナーを選ぶ」とは


古典で言われている「擇偶」(配偶者を選びましょう)。
それって四柱推命で相性をみて決めるというよりも

その人の良い面も悪い面も(陰も陽も)、全部知っていますか?

それを受け止めて、補い合う覚悟はできていますか?

相手も、あなたの良い面も悪い面も受け止めてくれていますか?


そういう意味だと私は解釈しています。


相性よりも、
自分のこと、相手のことを知ること
そして、二人が同じ方向を向いていること
(お互いに成長しあっていく、ということ)
お互いの役割を理解していること


こっちのほうがよっぽど重要だと思います。


だから、
なんだか相性悪い気がする…

そんなふうに感じている夫婦やカップルも
「やっぱりこの人とやっていきたい」
そう思うなら
これからの2人次第で、関係は変えることができます。

私たちも、そんなカップルをたくさん見てきました。

四柱推命の相性でみると

女性の方が強すぎたり
離婚しやすい命式だったり

いろいろあるけれど
それも二人次第。

良い夫婦、良い家庭をつくろうとしている人たちは
とても素敵な関係を築かれています。

だから、けっきょく四柱推命の相性って、そこまで問題ではないんです。

大切なのは、相性よりも
二人で人生をつくっていく気持ちがあるかどうか。

お互いが補い合って成長していく気持ちがあるかどうか。
なんです^^

だからこそ
四柱推命で自分のこと、そしてパートナーのことを知るって
本当に大切なんですよね。

以上、私たちの考える四柱推命での相性
そして、パートナーとのあり方でした^^


京都在住、女性メインの四柱推命鑑定士。 伝統風水師の嫁。 風水、陰陽五行の学びや心理学、自分の経験を活かして 悩める女性のサポートを行っています。 詳しいプロフィール・ストーリーは、こちら♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back To Top