~私と和風水との出逢い~

未分類

~私と和風水との出逢い~

このブログで「和風水」という言葉がちょこちょこ出てきていますが、「和風水って何??」という方がいらっしゃると思うので、今日はちょっとその辺の話をしてみたいと思います。

風水とは? 和風水とは?

私はどうしてそこで学ぶようになったのか。

どうぞ、リラックスしてお読みくだだい♪


そもそも風水って?


まず、「風水」というのはみなさん聞いたことがありますよね。

今はTVや雑誌などでたくさん情報がありますよね。

西に黄色、トイレにラベンダー、干支の置物、高い鏡などなど…


実はこれ、私達がお伝えしている伝統風水ではないんです。

私もここで学ぶまで勘違いしていたのですが、伝統的な風水では、どこに何色をおくとか、鏡や置物をいっぱい置くとか、そういうのは使わないんです。

財布を黄色にしたり、龍の置物をおいただけでお金持ちになったりハッピーになったり、という魔法のようなものは、風水ではないんです。
(短期的にプラシーボ効果というのはあります)


風水は約4000年前とも6000年前とも言われる長い年月を、ずっと受け継がれてきた知恵です。
昔から「幸せになりたい」という願いは共通していたようで、風水は、人が幸せになるための知恵。

実はそこには、しっかりとした根拠があるものばかりで、けっして魔法やスピリチュアルではないんですよ ^^


和風水って?

和風水というのは、伝統風水師である私の夫が名付けた、和風水コンサルティングの名前です。
造語ですね。

込められた意味としては、『風水の智恵を基に、あなたの人生が幸せになり、そしてあなたの周りの人に幸せの和が広がること』


今、日本では風水が魔法やスピリチュアル、占いなどと勘違いされている現状を悲しく思い、それを少しでも正しく伝え、それぞれの幸せのために活用してもらえたら…

そんな思いで仕事をしています。


そのための「和風水コンサルティング」という授業形式&個別相談のコンサルティングを夫が仕事の一事業としてやっており、私は最初、その生徒として学んでいました。

和風水コンサルティングは、私は「自分の人生と真剣に向き合う場」だと思っています。


ただ置物や色を使うだけの魔法的なものではないので、最初は過去の自分を振り返って苦しんだり、これからの進み方に迷ったり、時に泣いたりしながら、それでも一生懸命自分と、自分の人生と向き合っています。


私も一緒に勉強しながらも、今はサポートする側にまわらせてもらっています。

みんな一つ壁を乗り越える度に、自信を取り戻したり、前向きな転職をしたり、自然体の笑顔を取り戻したりしていく様子をみて、私ももっと頑張らなきゃ、と思うことができます。


私の和風水との出逢い

会社員だった当時、副業としてネットワークビジネスや、その他いろいろな代理店業をやっていた私。

私の代理店ビジネス活動に終止符がうたれるキッカケになったのが、和風水との出逢いでした。

その3ヶ月くらい前から、知り合いから「良い先生がいるから、四柱推命鑑定うけてみなよ」と進められていたのですが、ずっと拒否していました。

心のどこかで、「鑑定を受けにいったら、今全力で頑張っているビジネスを否定される」そんな気がしていたんです。

やっと軌道にのりかけているのに。
今ブレーキをかけられたら嫌だ。

だから、しばらくスルーしていました。


でもその頃から、「本当は自分が何をしたいのか?」というのを意識することが多くなってきました。


異業種交流会や集客のセミナーで会った人から「どうしてその仕事(物販やらFXやらの代理店業)をしているの?」と聞かれても、薄っぺらい、誰かに借りてきたような答えしか出てこない。

集客のためにつくったHPで「なぜこの仕事をはじめたのか」ということを書いていても、何だかしっくりこない。繋がっていない感じがする。

ビジネス仲間に誘われて、ドリームマップ(夢リストみたいなもの)というのをつくりにいった時も、その頃行きだした腸セラピーでも、 「自分が何をしたいのか、何が好きなのかを、もっと意識したほうが良いよ」と言われました。

自分の好きなことって?
自分が本当にやりたいことって?


ずっと周りに流されてきた私には、もうわからなくなっていました。


自分を知るために、薦められた性質診断の本を買ってみました。
何十という項目に答えていくと、自分の特徴や長所を診断してくれるというものでした。

それでも、わからなかったんです。

本当にこれが自分?
で、けっきょくこれを使って何をしたらいいの?


そんな時、ふと四柱推命のことを思い出したんですね。
そして、とうとう受けに行くことを決心します。

自分のことが知りたくて。
それを今後に活かして行きたくて。



鑑定は19時ころから、終電まで、かかりました。
(いや、鑑定自体は2時間くらいで、その後は現状について話していました。)

最初は、いろいろ受け入れられなくて、頭の中でいろいろなことが巡っていて、毎晩悩みながら考え事をしながら近所を彷徨い歩いていました^^;


これだけ全力で全てをかけてきたビジネスをやめるべき?
他にこれと言って目標もないし、今やめたら、どうやって膨大な支出(ビジネス関係でできた支出)を支払うの?

そんな時に、「とりあえず和風水で勉強しながら今後のこと考えてみたら?勉強しながら鑑定で言われたことが合っているか考えてみたら?」と背中を押してもらい、自分のことをもっと深く自分で考える機会にもなると思い、思い切って飛び込んでみることにしました。

これが、私と和風水との出逢いです。

和風水についての詳しい説明は、こちらを御覧くださいね^^

私が鑑定を受けてからビジネスをやめるに至った葛藤についても、良ければ読んでみてください。


京都在住、女性メインの四柱推命鑑定士。 伝統風水師の嫁。 風水、陰陽五行の学びや心理学、自分の経験を活かして 悩める女性のサポートを行っています。 詳しいプロフィール・ストーリーは、こちら♪
Back To Top