【ホテル・旅館の選び方】風水の良い場所に泊まるメリット

風水・パワースポット

【ホテル・旅館の選び方】風水の良い場所に泊まるメリット

ホテルや旅館を決める時、何を基準にしていますか?
価格、キレイさ、食事、立地…などなど人によって様々ですよね。

ぜひ、その中に「風水が良い立地かどうか」を入れてみてほしいと思います。

今日は、風水が良い立地のホテルや旅館を見分けるコツをお伝えします!


風水の良いホテルに泊まるメリット

自宅の風水を気にする人は多いようですが、なかなか旅行や出張先のホテルや旅館にまで風水にこだわる人は、少ないように思います。

ですが、ぜひ宿泊先でも風水が良いところを選んでほしいんです。
(うちはもちろん、、風水を見てホテルや旅館を選びます!)

風水が良いホテルは、その場所が「パワースポット」となります。

パワースポットは、自宅の風水では不十分な分を補い、エネルギーを充電するために行くものです。

私達は日々エネルギーを消費しながら生きています。
この充電をしてくれるのが「自宅」なのですが、現代の家は風水が悪い家が多くなっています。

エネルギー充電が十分にできずエネルギー不足になると、判断力の低下、思考力の低下、活力の低下などに繋がります。

自宅で補いきれない分を、定期的にパワースポットで充電することでエネルギーが充電でき

・判断力の向上
・思考力の向上
・ケアレスミスが減る
・空回りが減る
・やる気、活力が出る
・困難に立ち向かう勇気が出る

というような効果があります。

また反弓殺のホテルや旅館に泊まると、眠りが浅かったり、疲れがとれなかったりします。
ホテルの従業員の方も常に凶作用を受けている状態のため、サービスや雰囲気などにも悪い影響が出ている可能性も高いです。

酷い場合は災害や事故にも合う可能性があるため、ぜひ反弓殺ではなくカーブの内側の有情の地を選ぶようにしましょう。


巒頭風水のチェックポイント

風水には地形などの「形」をみる「巒頭風水」と、方位などをみる「理気風水」があります。

ホテルを選ぶ上で分かりやすいのは「巒頭風水」。

今日は、その中でも地図を見るだけですぐに分かるポイントで、かつ影響力も大きいポイントをお伝えします。

一番のポイントは

「蛇行した川や道路の内側か外側か」

という点。

カーブした川や道路の外側は「反弓殺」と呼ばれ、凶の土地となります。

逆にカーブの内側の土地は「有情」と呼ばれ、吉となり、パワースポットとなります。

大雨などで川が反乱して被害を受けるのも、ほとんどがカーブの外側ですし、電車の脱線や車の事故などで被害をけるのも、カーブの外側に位置している場所ですよね。

そういう特別なことがなくても、カーブの外側は常に水などの「流れ」から攻撃を受けているような状態。

逆に、カーブの内側はエネルギーがたまり、守られている場所。

ホテルや旅館がカーブの外側にあるか内側にあるかで、人間が本能的にぐっすり眠れるかどうかも変わってきます。

簡単に見分けられるポイントですので、ぜひカーブの内側の「有情」の地にあるホテル・旅館を選んでくださいね!


【その他のチェックポイント】

もし余裕があれば、下記のようなポイントを避けると、より良いです。

・山頂にポツンと立っている
・線路が隣接している
・周りに尖っている建物がある(東京タワーなど)

これらは地図で確認できる範囲なので、ぜひチェックしてみてくださいね!


まとめ

巒頭風水を意識した「ホテルの決め方」、いかがでしたでしょうか。

風水が良い場所は、そこに寝泊まりするだけで、エネルギーを充電することができます。

同じ旅行や出張に行くのにも、ぜひ風水を見て、凶の場所を避けて、吉の場所を選んでくださいね。

そういった積み重ねが、より素敵な未来につながります!

【関連記事】

京都在住、女性メインの四柱推命鑑定士。 伝統風水師の嫁。 風水、陰陽五行の学びや心理学、自分の経験を活かして 悩める女性のサポートを行っています。 詳しいプロフィール・ストーリーは、こちら♪
Back To Top