【ドライフラワーはNG?】植物を飾る風水的注意点

風水・パワースポット【ドライフラワーはNG?】植物を飾る風水的注意点 への1件のコメント

【ドライフラワーはNG?】植物を飾る風水的注意点

家のインテリアを素敵に飾りたい。

花屋さんや雑貨屋さんに、きれいな観葉植物やお花、造花からドライフラワー、プリザーブドフラワー、ハーバリウムなど、カラフルでおしゃれなものがたくさんありますよね。

ただ、風水的に考えた時に、注意しておきたい点があります。

ぜひ、それぞれの特性を正しく理解して、緑や花のある生活を楽しんでくださいね。


ドライフラワーと風水

ドライフラワーは実は、

風水的に良くない

ライフラワーはシンプルにいうと「枯れている」植物ですよね。その生命を終えた植物。
あの雰囲気が好きなんだという方もいらっしゃるかと思いますが、風水的にどうかと聞かれると、正直良くないんです。

生命を終えたもの、死んでしまったものを風水では「」のものとします。人間の生活空間は「」ですので、 陽の空間に強い陰のものが見えることは良くないんです。
(ちなみに風水師はお墓のことを隠宅、家のことを陽宅と言います。)

なので、ドライフラワーを家に飾るのは風水的におすすめできません。


どうしても!という場合の置き場所

ただ、人からプレゼントされてしまった、どーーーーーーしてもこれだけは飾りたい!という場合。
そんな時は置き場所を工夫してください。

置き場所のポイントは、「滞在時間が短いところ」「風水的影響が少ないところ」です。
おすすめは「トイレ」です。
トイレは伝統風水では、そこまで風水的な影響があると考えていません。(排水の位置は別ですが。)
どうしても!!!という場合は、トイレに少しだけ飾るようにしましょう。

絶対におすすめしない置き場所は「寝室」「リビング」「玄関」など、普段使う部屋や滞在時間が長い場所。

これらの場所は、その空間にある「もの」から受ける影響が強いため、注意しましょう。


ドライフラワー意外の植物を飾る場合

では、ドライフラワー意外の植物はどうでしょうか。

本物の植物、造花、ブリザードフラワー、ハーバリウムなど、いろいろありますよね。
それぞれ、置き場所や植物の種類などの注意点を見ていきましょう。


本物の観葉植物、生花

本物の観葉植物や花は、インテリアとして家の中に置いて基本的には問題ありません。
ただ、いくつか注意点があります。

【置き場所】

本物の植物は、ドライフラワーとは反対で、風水では「生きているもの」「動きのあるもの」と捉えています。

そのため、置き場所としては「陽の空間」がベストです。
リビングなどの「動きのある場所」「生活する場所」に置くようにしてください。
玄関に置く場合は、玄関を入る時に「右側」にくるほうが「陽の空間」になります。左側ではなく右側に置くようにしましょう。


逆に、絶対に置いてはいけないのが「寝室」です。

寝室は陰の空間、休むための場所。
そのため「陽のもの、動きのある植物」は置かないようにしましょう。

【寝室のもっと詳しい整え方はこちら↓】


【植物の種類・形】

もう一つ、観葉植物を置く時に注意してほしいのは

サボテンなどの棘のあるものが避ける
尖ったもの」形状のものは避ける

ということ。
こだわるならば、葉っぱも、できるだけ丸い形の植物のほうが良いですね。

棘のような「尖ったもの」というのは、見ている私達の深層心理に働きかけ、人間が攻撃的になりやすいです。
無意識のうちなので感じにくいかもしれませんが、これは心理学でも研究データが出ています。
棘のある植物、尖った形のものは避けましょう。

こういうのより…
こういう方がベスト♪


②造花

造花も、インテリアに使っていただいて基本的には問題ありません。

置く場所としては、生花、本物の観葉植物と同じような「陽の空間」で良いです。
日当たりが悪くて植物を置くには可愛そうだけど、緑がほしい、お花を飾りたい…そんな場合は造花が良いかもしれませんね。

また、植物の「形」も本物の植物と同様に「尖った形」を避けるようにしましょう。


③プリザーブドフラワー、ハーバリウム

これらは、最近本当にいろんな種類のものがあり、プレゼントにもらったりあげたり、という方も多いのではないでしょうか。私達も、これらは風水的に良いのでしょうか?というご質問をよく受けます。

ドライフラワーは「枯れた、生命を終えた植物」ということで陰の要素が強いため、家に飾るのは良くないと書きました。


実は、プリザーブドフラワーやハーバリウムも同じ理屈です。

プリザーブドフラワーは生花を脱色・脱水し、水分をアルコールに置き換え、着色するという手順で作られます。
見た目は本物と間違うほどの美しさを持っていますが、もともと生きていた植物の成長を止めてしまったものです。そのため、風水的にみると陰の気を発するものです。

ハーバリウムは、もともと「植物標本」の意味です(押し花も含む言葉のようですね)。
やはり、生きた植物をそのままの姿を保存するために、オイルなどを入れることで成長を止めたもの。
風水的にみると、陰気を発するアイテムになります。



ブリザードフラワーやハーバリウムは、ドライフラワーと違って生き生きとした姿を保っているので一見「生命を終えたもの」とは見えないですよね。
でも、意味合いは変わりません。

あまり積極的に買わないようにしましょう。


最後に…

家のインテリアにする「植物」「花」についてドライフラワーを中心に、風水的に良いのか良くないのかをみてきましたが、いかがでしたでしょうか。

半永久的に飾ることのできるドライフラワーやプリザーブドフラワー、ハーバリウムはお店などで見ていても可愛くて惹かれますが、風水を意識するのであれば、ぜひ本物の花や観葉植物を置いてくださいね。


花はすぐに散ってしまいますし、観葉植物も定期的な世話が必要ですが、それがまた良いのではないでしょうか。
一瞬の花の美しさを味わう、自分の世話加減で元気になる植物がある、そんな丁寧な生活も素敵ですよね。


また、本来なら生花や観葉植物は、厳密に風水をみて置く場所を決めるとベストなんですが、なかなか難しいですよね。
だからリビングなどの人が活動するエリアに置くのが無難です。

ただ、もしも生花や観葉植物を新たに置いたことで何か異変があった、体調が悪くなったなどの自覚があった場合は、撤去するようにしてくださいね。

そんなに神経質になる必要はないと思うのですが、まれに置いてはいけない場所だった…という可能性もゼロではないので。

ぜひ、これらのことを意識してみて、緑や花のある、明るく素敵な家にしましょう^^



和風水セミナー@大阪・京都】
四柱推命って何?風水って何?
私はどう活用したら良いの?
そんな疑問にお答えする、一般公開セミナー大阪・京都にてやってます♪
講師をつとめるのは伝統風水師である夫ですが、私もおります^^
また、全国どこからでも受けられるWEBセミナーもあります!
★★詳細はこちら★★

【四柱推命鑑定】
自分のことをもっと知りたい、自分を活かした人生を歩んでいきたい…
そんなあなたに是非知ってほしい。
四柱推命鑑定の詳細はこちらに♪
大阪・京都・関西圏の方はもちろん、ZOOMでのWEB鑑定や詳細鑑定書のダウンロードなども可能です。

京都在住、女性メインの四柱推命鑑定士。 伝統風水師の嫁。 風水、陰陽五行の学びや心理学、自分の経験を活かして 悩める女性のサポートを行っています。 詳しいプロフィール・ストーリーは、こちら♪

One thought on “【ドライフラワーはNG?】植物を飾る風水的注意点

Comments are closed.

Back To Top