【起業に向いてる人、向いてない人】四柱推命でみる適職

自分を知る・四柱推命

【起業に向いてる人、向いてない人】四柱推命でみる適職

会社員として働いていると、

自分は会社員に向いていないんじゃないか
起業したほうが自由で楽しそう
自分は独立起業してもやっていけるかな?

といった考えにたどり着くことがあります。

私も、会社員時代に嫌気がさして、会社員をやめて起業したい、と考えて動き出した経験があります。

ですが正直、人には向き不向きがあり、そこを知らないまま踏み出してしまうと大変なことになりかねません。

今日は、起業に向いている人、向いていない人について四柱推命の命式を交えながらお伝えしたいと思います。


起業に向いている人

独立起業の道に向いてる人、逆に言うと会社員やサラリーマンに向いていない人の特徴を、四柱推命の六神の点から挙げてみます。

・食神が強く行動力がある

これは、独立起業する上で必須条件と言って過言ではありません。

食神というのは、六神のエネルギーの一つ。


私達は生まれながらに、この5つのエネルギー配分が決まっています。

この食神のエネルギーは以下のようなことを司ります。

・行動力
・アピール力、発信力、プレゼン力など伝える力
・口達者
・生み出す力

どれも、起業して自分や商品、サービスを売り込んで行く際には必要不可欠な力です。
また、起業するということは、会社では分担してやっていた様々な仕事を全て自分がやる、管理する必要がありますし、自分が動かなければお金は入ってきません。

なので、起業したいと思ったら、まず自分に食神のエネルギーがあるかどうかを確認しておくのが良いと思います。

自分では行動力がある、と思っていても実は「やりたいこと」は動けるけれど、「やらなくてはいけない、嫌なこと」は動けないという人も多いです。


・比肩が強く独立心が強い

比肩のエネルギーが強い人は、独立心が強い人が多いです。
そのため、周りの人と協調して仕事をするよりも、自分の意見、自分の考えで動きたいという思いが強くなるため、独立起業に向いています。

ただし、我流ばかりで突き進んでしまうと起業後につまずいてしまったり、どこかで頭打ちになってしまうことも多いです。

時には「人から学ぶ」「自分のやり方を見直す」ということも大切です。


・官のエネルギーが弱い

官のエネルギーが極端に弱い人は、会社という組織で働いたり、人に指図されるのを嫌います。

そのため、誰かの下で働く、誰かの決めたルールの中で働くことが苦手なため、会社員、サラリーマンには向いていない人です。
起業したほうがストレスはありません。

ただ、官というのは「コツコツ継続する力」「地道な努力」でもあります。

起業して一人でやっていく時も、この「継続する力」「地道な努力」はとても重要な力とります。
そのため、この官のエネルギーを意識できるようになるかどうかが、起業後の成功、長期的な事業の成長に関わってきます。


会社員・サラリーマンが向いている人

起業して一人でやっていくのに向いていない人、会社員・サラリーマンとして組織で働いたり雇われているほうが向いている人もいます。


・官のエネルギーが強い

官のエネルギーが強い人は、

・自分を制御する
・決められたルールに従う
・言われたことをきちんとやる
・周りの意見を聞き、強組織内やチームでうまくやれる
・地位を築いていく

ということが得意です。

そのため、大きな企業で働いたり、与えられた役割をこなしていく、という働き方をしたほうが、ストレスが少なく、才能を活かしやすいです。


・財のエネルギーが強い

財のエネルギーが強い人は、目に見える結果やお金に対する意識が強いです。

特に「正財」というエネルギーが強い人は「定期的な収入」がないと不安を覚えます。

そのため、どうしても不安定になりがちな事業主として起業するよりも、安定的な収入が得られるサラリーマン、会社員という働き方のほうが、ストレスが少なくなります。

また、財のエネルギーが強い人はお金に意識が向きがちですが、基本的にこのタイプの人は「お金を意識してはいけない人」です。

お金を追いかけて動くことで、かえってお金を失ってしまう。

会社員を辞めて起業し事業主として働くと、特に最初のうちはお金を追いかけやすくなります。

そのため、財が強い人は会社員のほうが向いています。


性質を知った上で働き方を選択しよう

今回は起業の向き不向きを四柱推命の性質別に挙げてみました。

ですが、起業に向いていないタイプだから必ずしも起業が成功しない、というわけではありません

一概に起業といっても、様々なやり方があります。

自分の性質をしっかりと理解した上で、それをカバーする仕組みを作ったり、自分が苦手な部分を得意な人に任せる、というのも手です。

私も会社員時代は会社を辞めて、起業することを目指して活動していました。

そんな時に四柱推命鑑定を受け、「起業に向いてない人」だと知って落ち込みました。

でも、その会社の事業内容や社風が合わなかったので、やっぱり辞めたかったんです。

結果、今は四柱推命鑑定やこういったブログ発信、和風水コンサルティングのサポートなどをしています。

個人でやるのではなく、夫である風水師のもとでやるという、起業と会社員の(私にとって)良いとこ取りをした結果です。

日常の仕事は場所を選ばず家でもカフェでもできる。
今は子育てをしながらも仕事ができている。

その他、私の性質に合った職種、働き方だなあと思っています。

自分が起業に向いている人なのか、会社員に向いているのか。
また、その中でもどんな働き方、どんな分野が向いているのか。

それは自分の性質を客観的に知ることでわかってきます。

私は、あの時自分の性質を無視して完全なる独立起業に猛進しなくて良かったなと、今改めて思います。

仕事を選ぶって、とっても重要な決断です。

ぜひ、自分の性質を知って、あなたが活きる働き方をしてくださいね^^

【四柱推命鑑定について】
自分のことをもっと知りたい、自分を活かした人生を歩んでいきたい…
そんなあなたに是非知ってほしい。
四柱推命鑑定の詳細はこちら♪
大阪・京都・関西圏の方はもちろん、ZOOMでのWEB鑑定や、鑑定書をダウンロードしていただく紙面鑑定なども可能です。

【関連記事】

京都在住、女性メインの四柱推命鑑定士。 伝統風水師の嫁。 風水、陰陽五行の学びや心理学、自分の経験を活かして 悩める女性のサポートを行っています。 詳しいプロフィール・ストーリーは、こちら♪
Back To Top