好きなことと得意なことは違う!仕事にすべきなのは?

自分を知る・四柱推命

好きなことと得意なことは違う!仕事にすべきなのは?

好きなことを仕事にする
得意なことを仕事にする

どちらもよく聞く言葉で、こういった働き方はどちらも同じように憧れますよね。
ですが、実は「好きなこと」と「得意なこと」は全然違うんです。

これから仕事を探したり転職する場合、「好き」と「得意」はどちらを仕事にしたほうが良いのでしょうか。


好きなことと得意なことの違い

「好き」とは

好きなこととは、主観的な自分の気持ちで、「好き!」と思える物事です。

本を読むこと、自然に触れること、ものをつくること、人に教えること、勉強すること…

人は関係なく、自分の素直な感情で「好き」「やりたい」「楽しい」と思うことです。

六神でいうと「比肩」のエネルギーにあたります。


自分がやりたいことだから、比較的行動にも移しやすいですし、やる気も湧いてきます。

ただ、図を見ると明らかなように「比肩」は「財」を弱めます。
つまり、好きなことを仕事にするということは、お金や結果には繋がりにくい可能性が高いということを覚えておかなければいけません。


「得意」とは

得意なこととは人と比べたときに人より出来たり、人よりレベルが高いということです。

でも本人にとっては出来ることが当たり前なので、「得意だ」と思っていなかったり、何で他の人は出来ないんだろう?と感じることもあります。

六神のエネルギーで、強い部分が「得意」となって現れてきやすいです。

比肩」が強い人は
・自分の意見や考えを主張すること
・自信をもつこと
・独立心

食神」が強い人は
・人と話をすること
・部下や後輩の面倒をみること
・営業やプレゼン

」が強い人は
・結果を追い求めること
・貯金をすること
・お金を管理すること

」が強い人は
・自制してコツコツと継続すること
・組織で働くこと、集団行動

印綬」が強い人は
・深く思考すること
・勉強や研究

などが得意です。


仕事にするなら…

では、好きと得意が違うなら、仕事にするのは好きなことか、得意なこと、どちらがベストなのでしょうか。

これは、仕事をする目的にもよると思います。


とにかく楽しく働きたいなら…

私の憧れはカフェの店員さん♪


好きなことを仕事にできたら、毎日が楽しそうですよね!


ただ先程、好きなこと、自分がやりたいこと(比肩)は「財」を弱める可能性があると書きました。

なので、好きなことを仕事にした場合は、お金を求めてはいけません。
仕事をする目的が「お金を得ること」「稼ぐこと」であるなら好きなことを仕事にするのは向いていません。

もちろん、好きなこと、やりたいこと(比肩)で仕事をしまくって(食神)、結果を出して(財)、地位を上げて(印綬)…と六神のサイクルを回していくことでやがて稼ぐことも出来る可能性はあります。

ですが、業界にもよるとは思いますが、覚悟と時間と労力がいることは間違いありません。


ただ、その人の性質によっては「収入に執着するも好きなこと・やりたいこと」を追い求めたほうが結果的に良い方向に行くという人もいます。


お金を稼ぐ、自分を活かす、が目的なら…

仕事をする目的が「お金を稼ぐ」「自分の能力を活かしたい」ということならば、得意なことを仕事にするのが良いと思います。

自分の性質的に得意なことは、気張らなくても周りよりレベルの高い仕事ができる可能性が高いので、仕事の評価は良くなりやすいです。

そして、まさに「自分の力を活かして社会に貢献できる」という仕事になります。

ただ、得意なことは自分が好きではない可能性があるので注意です。

例えば「まじめ」であることが強みでも「まじめ」と言われるのが嫌だったり、後輩の面倒を見るのが得意なのに、自分は好きじゃないからとずっと避けてきていたり…ということはよくあります。

自分ではそれが得意だという性質に気づいていないことも多いです。

なので、「得意なこと」を仕事にする場合は客観的に自分の性質を見て、深く知っておくことが重要です。


好きな分野で得意な仕事をするとベストかも

その人の働く目的によっても好きをとるか得意をとるかは違います。

でも、得意をとったけれど好きじゃないからストレスたまらないいかな…と心配の方。

そんなときは、興味のある業界、好きなものを扱う職場で、得意な職種を選択すると良いかなと思います。

ちなみに、自分が持っている五行のエネルギーバランスによって、自分が興味を持ちやすい分野、ストレスが少なく働ける業界などがわかります。
(こちらに詳しく書いています↓)


ということは、今の職場でも「自分が本当に得意なこと」が分かって、それに合った働き方をすれば、もう少し働きやすくなるかもしれないということですね。


まとめ

好きなことと得意なこと、どちらを仕事にするべきか?ということについて書いてきましたが、いかがでしたでしょうか。

今日は六神のエネルギーでの性質、得意なことを中心に書きましたが、四柱推命では六神以外にも様々な角度からその人の性質を分析していくので、もっと深く、もっと様々な得意なことが分かってきます。

もし転職を考えている、今の仕事の仕方にモヤモヤを抱えている、という方は、ぜひ自分の性質についてきちんと知っておいてほしいなと思います。


自分は何のために働くのか、自分にとって仕事をする目的は何かをまずはしっかり考えて、そこに自分の性質や、やりたいことを上手く当てはめていくと、自分にとっても周りにとっても良い働き方ができると思いますよ^^

 

【関連記事】

【四柱推命鑑定について】
自分のことをもっと知りたい、自分を活かした人生を歩んでいきたい…
そんなあなたに是非知ってほしい。
四柱推命鑑定の詳細はこちら♪
大阪・京都・関西圏の方はもちろん、ZOOMでのWEB鑑定や、鑑定書をダウンロードしていただく紙面鑑定なども可能です。

京都在住、女性メインの四柱推命鑑定士。 伝統風水師の嫁。 風水、陰陽五行の学びや心理学、自分の経験を活かして 悩める女性のサポートを行っています。 詳しいプロフィール・ストーリーは、こちら♪
Back To Top