ウォーターサーバーでの粉ミルクの作り方。メリットやだめと言われる理由は?

育児記録

ウォーターサーバーでの粉ミルクの作り方。メリットやだめと言われる理由は?

赤ちゃんの育児に粉ミルクを使う場合、毎回お湯を沸かして冷水で冷まして…という工程はとっても面倒に感じてしまいます。

そんな時に最適なのが、ウォーターサーバー!

我が家の場合は母乳とミルクの混合ですが、ミルクをつくる際にはウォーターサーバーを利用しています。
これが、とっても楽ちん!!!

今日は、ウォーターサーバーでミルクを作るメリットと、ウォーターサーバーを粉ミルクの調乳に使う際の疑問点について書いていきたいと思います。


ウォーターサーバーでミルクを作るメリット

①時短&楽ちん!

私が感じるウォーターサーバーの最大のメリットはやっぱりミルクをつくる時間が圧倒的に短縮できる、ということ!

子供がぐずっている時、ましてや大きな声で泣き出してしまった時は、親の心境としては「早く作らなきゃ!」と焦ってしまいますよね。

そんな時にお湯を沸かして、冷水で冷まして…とやっていると、ミルクの量が増えてくると、どうしても10分以上はかかってしまいます。

ウォーターサーバーならいつでもお湯が出てくるので、子供をほとんど待たすことなくサッとミルクをつくることができます。

ウォーターサーバーでの作り方をマスターすれば、本当にすぐにミルクが作れちゃいます。

夜中などのミルクには特にありがたいです。


②塩素などがなく安心

水道水を沸かすのではなくウォーターサーバーのお水を使うと、水の品質が保証されている点です。

もちろん日本の水道水は安全なのですが、やはり塩素などで消毒していたりするので、赤ちゃんにあげるには、こだわるママにとってはちょっと気になるところ。

ウォーターサーバーは飲料用としてしっかり品質管理されているお水なので、安心です。


③お水のボトルは自宅まで運んでくれる

赤ちゃんを連れて重たいお水を買いに行くのはとっても大変ですよね。

ウォーターサーバーはボトルを自宅まで届けてくれるので、助かります。
ミルク作りにはもちろん、普段大人が飲む水、料理に使う水などにも使えて便利です♪


ウォーターサーバーでのミルクの作り方

ウォーターサーバーでのミルクの作り方は、とっても簡単です!

①消毒済みの哺乳びんにミルクの粉を入れる
②お湯を3分の2程度入れて瓶を振り、粉ミルクを溶かす
③ウォーターサーバーの冷水で完成の量まで量を調整する。
④腕などにミルクを垂らして温度を確認

以上です!

ウォーターサーバーの水を湯冷ましとして使うのに抵抗がある方は、予め沸騰させた湯冷まし用の水を用意しておいたり、完成したミルクを冷水で人肌程度まで冷ます、などしてくださいね。

ちなみに、厚生労働省が出している「乳児用調製粉乳の安全な調乳、保存及び取扱いに関するガイドライン」では調乳のポイントとして

○乳児用調製粉乳の調乳に当たっては、使用する湯は70℃以上を保つこと。
○調乳後2時間以内に使用しなかったミルクは廃棄すること。

とされています。

70℃以上のお湯を使う理由としては、粉ミルクも無菌というわけではなく、サカザキ菌もサルモネラ菌という菌が入っていることがあります。
この菌のリスクを下げるために、菌が死滅する温度である「70℃以上」としているんです。

ウォーターサーバーの温水の温度はメーカーによると思いますが80~90℃前後なので、この点でもクリアしています。


ウォーターサーバーでミルクはだめとも聞くけど…?

私も、きちんと沸かしたお湯でないとだめなのかな?と思っていたので、ウォーターサーバーでミルクを作ることがなぜダメと言われるのか、調べてみました。

①ミネラルウォーターに注意

ウォーターサーバーのお水は水道水を使用するタイプも最近は出てきていますが、一番多いのはボトルに入ったミネラルウォーターが出てくるタイプですよね。

このミネラル分が多い「硬水」の水だと、赤ちゃんは胃腸などの機能がまだか発達途中で、ミネラルが多いお水は負担になり、下痢などを起こしてしまうことがあります。

日本のウォーターサーバーはほとんどがミネラルの少ない「軟水」ですが、一応硬水か軟水かを確認し、硬度が少ないものを選ぶようにすれば大丈夫です。


②殺菌していないとダメ

私が入院した産婦人科では、一度沸騰させたお水を冷まして、お湯で溶かしたミルクに湯冷ましを混ぜて温度調整をすると教えてもらいました。

水道水を使う場合、お水の殺菌のために塩素などが入っています。
これをとばすために、加熱する必要があります。

浄水器の場合も、様々な物質は取り除いてくれますが、殺菌してくれているわけではありません。

蛇口や水道管、浄水ポットなども菌が繁殖しやすいので、やはり殺菌が必要。

ウォーターサーバーの場合は、メーカーによって処理方法は異なりますが、加熱処理などで殺菌処理されたお水を密閉したボトルにつめています。

なので、私は問題ないと思って使っていますが、気になる場合はお湯だけ利用して、冷ます工程は湯冷ましを別途用意するか、流水で冷ましましょう^^


おすすめのウォーターサーバー

ウォーターサーバーって気になるけど実際使ってみないとわからない、置いてみて邪魔だったらどうしよう…などなど、口コミを読んだだけでは解消しない不安もありますよね。

そんな時は、こちらのお試しセットがぴったり!

子育て中または妊娠中であれば、2,490円+消費税で、ウォーターサーバー(アクアスリム、アクアスリムピンクゴールド、アクアスリムSのいずれか)を最大3ヵ月間試すことができるんです!
12リットルのボトル5本も付いてきます。

アクアクララの良いところは

・ウォーターサーバーの種類が豊富で部屋の大きさや雰囲気に合わせやすい
・水の硬度は29.7mg/Lの軟水
・定期的にウォーターサーバーの内部メンテナンスを行ってくれるので衛生面も安心安全
・LINEで簡単に注文ができる
・赤ちゃんのお世話中でも「留守置きサービス」で指定の場所に置いておいてくれる
・ボトル注文のノルマがなく自分のペースで注文できる
・空ボトルは回収してくれるので、ゴミ捨ても不要、環境にも優しい
・子育て世帯に嬉しいプランがある

という点。

まずはお試しで使ってみると、いろいろ分かってくると思います^^


まとめ

乳児のうちは特に一番頻度が多い「ミルク」の時間。

親がストレスをためてしまったり、疲れてしまっては笑顔で子供に向き合えません。

時短、楽と聞くと手抜きにも思う方もいるかもしれませんが、お母さんが機嫌よく元気に子供と過ごせることが一番子供も幸せです。

もちろんウォーターサーバーはミルクを作る以外にも、大人が美味しいお水や白湯を手軽に飲んだり、コーヒーやスープをサッと作ることができます。

ぜひ活用してみてくださいね^^

京都在住、女性メインの四柱推命鑑定士。 伝統風水師の嫁。 風水、陰陽五行の学びや心理学、自分の経験を活かして 悩める女性のサポートを行っています。 詳しいプロフィール・ストーリーは、こちら♪
Back To Top