【出産備忘録】陣痛と前駆陣痛の違いが分からず…

育児記録

【出産備忘録】陣痛と前駆陣痛の違いが分からず…

このブログでも、「妊娠しにくい命式だけれど風水や四柱推命、養生などを活かして生活を整えることで妊娠しました」というブログを何度もあげていましたが、7月末に無事に出産しました~!
只今、慣れない母親業に励んでいます。

まだ母歴も2週間程度ですが、初めて子育てをやりはじめて感じたことや日々の出来事などをこれから少しずつブログに残していこうと思います^^

今日は、まず出産時に私がネットで調べまくったこと。
陣痛と前駆陣痛の違いは?
陣痛ってどれくらい痛いの?
どうやったら陣痛を乗り切れる?
というところを書いておきたいなと思います。


陣痛ってどんな感じ?

予定日が近づいてきて、気になったことは、「陣痛ってどんな痛さ?」「病院に電話するタイミングってわかるんだろうか…」「前駆陣痛と陣痛て違いは分かる?」ということ。

陣痛はどんな痛さ?乗り切るには…

まず、痛みの程度について。
初めての出産の時って、陣痛ってどれくらい痛いの?って不安に思いますよね。
出産の時も、「鼻からスイカが出るくらい痛い」なんて言いますし…

陣痛は、正直かなり痛かったですね…
腰の中をハンマーでガンガン殴られてる感じ…でしょうか?

でも、ずーっと痛いわけではなく波があるので、痛みが引いている時には力を抜いておくことが大切みだいです。
体に力が入ったままだと痛みも増しますし、赤ちゃんも降りてきにくくなってきます。

また、前もって「なんで陣痛が起こるのか?」という知識をしっかり入れておくと「今、体の中で何が起こってるのか?」ということが分かり、闇雲に不安にならずにすみますし、赤ちゃんが出てこようとしているイメージも出来るので、おすすめです!

陣痛は、永遠に続くものではないので、大丈夫!
多くの女性が耐えてきているものだから、自分にも耐えられる!そんな感じで臨みました。


前駆陣痛と陣痛の違いは分かる?

これも、私も不安でけっこうネットで調べましたし、他にも検索している人が多そうだったので、私もちょっと書き残しておきます。

ただ、どんなふうに前駆陣痛、陣痛がくるかは個人によってホントに様々なので、あくまで私の体験談。

【陣痛】
赤ちゃんが出て来られるよう子宮口が広がり、子宮が強く収縮するため激しい痛みをともないます。

【前駆陣痛】
前駆陣痛は分娩の準備段階と考えられ、子宮口が徐々に柔らかくなる作用があるとされています。
不規則な子宮収縮で、分娩にはつながらず時間が経つと徐々におさまっていきます。痛みの間隔が不規則で、それほど強くありません。
痛みの他、お腹の張りや、不快感、圧迫感といったかたちの前駆陣痛を感じることもあり、初産の方などは気付かないことも多いようです。

こんなふうにそれぞれ説明されていますが、違いは分かるものなんでしょうか。

まず、前駆陣痛と陣痛の違いを見分けるポイントとしてよく挙げられているのは

★痛みの間隔
★痛みの強さ
★姿勢を変えると楽になるかどうか

です。

前駆陣痛とは、陣痛の間隔や持続時間が不規則で、時間を測って規則性がなければ本陣痛ではなく、前駆陣痛の可能性が高いと言われます。

また、本陣痛の場合は、痛みの強さも規則的に変化していき、時間が経つにつれてだんだんと痛みが増していくのが本陣痛の特徴だそうです。

一方、前駆陣痛は痛みが急に弱まったり強まったり、ずっと生理痛程度の痛みが続いたりと症状に規則性がないようです。


ですが、人間の体は十人十色。
必ずしもこれに当てはまるとも限りません。
前駆陣痛をほとんど感じないまま陣痛が始まる人もいるようですし、規則正しい間隔の痛みであっても前駆陣痛だったというケースもあります。


私の場合も、ちょっとわかりにくかったんですよね。


私の場合、朝の3時代に目覚めてトイレに行くとおしるしが!
その後、布団に戻ると生理痛のような腹痛が定期的にやってきました。
これは、もしや陣痛ってやつか…!とアプリの陣痛カウンターで計測。

意外にも、既に5~6分間隔でやってきてる…(この短い間隔にドキッとしますよね)
でも今思うと、まだまだ痛みの程度は軽くて、寝れはしないものの我慢できる程度でした。

朝ごはんも食べて、昼ごはんも軽く食べた後くらいから、痛みが強くなってきて、痛みがやってくる間は話すのもしんどい、顔をしかめてやり過ごすくらいになってきました。
今思えば、これが「陣痛」だったんですよね。

この時点で1回病院に電話したんですが、なんだか痛みの程度を上手く伝えられず、「耐えようと思えば耐えられるくらいか…」と思い、けっきょくもう少し家で様子を見ることに。

その後も、どんどん痛みは増してくるような気はしたんですが、けっきょく夜まで家で痛みに耐えて、20時前にやっと病院へ!

病院に着いた頃には2~3分間隔くらいになってました…
そして病院へ着いたら、1時間後に出産!

ネットで調べて、『陣痛室では長丁場になるから、ポカリやら栄養補給のゼリーやらお菓子やら用意しとくべし』との情報が多々あったので、私も準備していましたが、けっきょく陣痛室には行かず、スピード出産でした笑

朝方の前駆陣痛の段階からずっと5~6分間隔だったので、どの段階で病院に行ったら良いか分からなくなってたんですよね汗


…長々と私の体験を書いてしまいましたが、陣痛と前駆陣痛の違いは、スパッと明確に変化するわけではないのでちょっと分かりにくい場合もあるかもしれませんが、とにかく話すのも辛いくらい、動けないくらいの痛みがやってきたら、病院に電話して、きちんと症状を伝えましょうね。
(私はちょっと粘りすぎたかな…)

これが前駆陣痛なのか本陣痛なのか、本当の違いは専門家にもわかりません。
不安に思ったら、遠慮なく連絡しましょう!


最後に

出産って、未知のことですし、誰もが「痛い」って言うし、不安にもなりますよね。

でも、今まで本当にたくさんの女性が乗り越えてきているんだから、大丈夫。
やっと赤ちゃんにも会える。
1週間も続く痛みじゃない。必ず終わる!
最後はそんな気持ちで臨むと良いかなと思います。

出産した瞬間は、「出たー!」って感じで、今までの痛みも消えますし(後陣痛はあるけど、痛みは比じゃない)達成感というかスッキリ感というか、感動というか…ホッとしますよ^^

まぁ、これからがスタートなんですけどね。

また、ちょこちょこいろんな情報や、育児録を書いていきたいなと思います^^

京都在住、女性メインの四柱推命鑑定士。 伝統風水師の嫁。 風水、陰陽五行の学びや心理学、自分の経験を活かして 悩める女性のサポートを行っています。 詳しいプロフィール・ストーリーは、こちら♪
Back To Top