本当の「自分探し」とは?~自分探しの罠~

自分を知る・四柱推命

本当の「自分探し」とは?~自分探しの罠~

よく「自分探しの旅に出る」といって、海外にいったり、日本中を旅して歩いたりする人を見かけます。

そもそも自分探しとは、何なのでしょうか。
私たちは、何を追い求めているんでしょうか。
自分探しの旅は、有効なんでしょうか…。

今日は、私も含めて、多くの人がはまりやすい「自分探し」の罠について書いてみたいと思います。


自分探しで「本当の自分」は見つかる?

①自分探しの旅について。

人が、自分探しをしたくなる時ってどんな時でしょうか。

たぶん

・仕事や失恋などで自信をなくしたとき
・人生がつまらないなと感じたとき
・今の現状に疑問を感じたとき
・このままで良いのか?と感じたとき

などではないでしょうか。

私も、社会人になってしばらくしてから、こういう時期がやってきました。

さすがに海外にバックパッカーやワーキングホリデーみたいに行くまでの勇気はなかったものの、休みを利用して、一人で海外に住む知人を訪ねていったり、一人で国内を旅行したり、様々な「やりたいこと」をピックアップして、一人で参加してみたりした時期がありました。

その時って、こんな気持ですよね。

自分をもっと見つめてみたい
もっと自分のことを知りたい
何か自分にピッタリのものを見つけたい
もっと成長したい…


でもね、けっきょくそんなことでは「本当の自分」は見つかりませんでした。

もちろん、いろんなことにチャレンジしたり、知らない世界に飛び込むことで、自分の好みがちょっとわかったりとか、視野が広がったりすることはあります。

それも大切なことではありますが…

私が探していた「本当の自分」はそんなことではなかったんですよね。


②自己分析について。

また、大学生の時には、就活に向けて「自己分析」をやりました。
やった人も多いのではないでしょうか。

特に私達の世代は就職氷河期で、ものすごく苦戦していました。

中でも私は、何を目指したいのか、将来どうなりたいのか、働く上で何を大切にしたいのか、など全然自分でも分かっておらず、だから受からないんだ!と思って、人一倍自己分析を頑張った記憶があります。
(めちゃくちゃ分厚い自己分析本買ってきたな…)

過去の自分を振り返って、泣きながら自己分析をやった日もありました。

たくさんの、過去の事実が集まりました。
でも、けっきょく「で?」ってなったんですよね。

けっきょく私は何が得意なの?
なんとなくこれが得意そうだけど、これって就活に役立つの?
自己PRになるの?
けっきょく私はどういう性格なの?
私はどうなりたいの?

けっきょく、モヤモヤしたまま終わってしまいました。

友達の中には、自己分析した結果「私はこれが向いてる!」といって自信満々に就活している人もいましたが、私はそうはなれませんでした。

四柱推命を勉強した今なら、その友達を私の性質の差がわかるので、そりゃそうなるよね、という感じですが、当時はよけいにヘコんでしまいました。


本当の自分探しとは

自分探しとは、一言でいうと

私は自分探し=自分を知ること

ですよね。

「自分を知ること」
これは、いつも四柱推命や和風水コンサルティングで言っていることなんです。

自分の性質(性格や癖、感情の起伏など)
得意・不得意なこと
運の流れ

こういったことを知ることで、自分にあった生き方を選択することができるので、生きやすくなるんですよね。


私は今、四柱推命鑑定師をやっていますが、四柱推命って、自分を知る手段。
そして、夫の風水師がやっている「和風水コンサルティング」という場は、その自分の命をもっと深く知って、自分の人生に生かしていく場です。


自分の性格や癖、感情、得意不得意って、自分探しの旅に出てわかるものでしょうか。

確かに、いつもとは違う状況に出会って、「こんな一面もあったんだ」と気づくことはあるかもしれません。
偶然に、やりたいことを発見した人もいるでしょう。
でも、みんながそうなれるわけではありません。

そんなことをやっていたら、一生かかったって自分を知ることは出来ないと思うんです。


私達が和風水で日々やっていることは、まさに「自分を知る」という作業。

四柱推命で自分についての「概要」がわかります。
自分では通常不可能な部分も、客観的に見つめることができるのが四柱推命。

そしてそこから、その四柱推命の鑑定結果を日常の自分や過去の自分と照らし合わせながら、「本当の自分」について深く深く知っていくんです。


自分探しの勘違い

でも、そうやって四柱推命を通して自分の性質を知った人の中でも、実はまだまだ勘違いがあるんです。

それは

これが自分!これが100%の答え!という 確固たる正解があるわけではない

ということ。

よく質問に答えていくと「あなたは●●タイプの人間です。だからこうしましょう」と出してくれるツールがありますよね。
最近ちょっと話題になっている『ストレングスファインダー』などは、あなたはこういう資質・能力をもっています、という答えを出してくれます。(私も和風水に出会う前にやったな…)

でも、私達人間は、そんな単純ではありません。

だから「本当の自分」というのも本来「これです!」と言い切れるものではないんですよね。

四柱推命は、そういった質問から導き出される性質なんかより、かなり奥深い部分まであなたのことを分析してくれます。(ちゃんとした伝統四柱推命の場合ですが…)

それでもやっぱり、それを受け入れていく作業や、自分のどういうところにその性質が出ているのか、どういうところで失敗しやすいのか…

そういったことを「本当の」意味で知ることができるのには、時間がかかります。

論語を書いた孔子という人を知っているでしょうか。
ああいうプロとも言える人でさえも、本当に自分を知るのに50年かかったと言われています。

だから、明確に100%はっきり自分のことが分かっていなくても、当たり前なんだということは知っておいてほしいと思います。


正しく「自分探し」をしよう

これが自分!これが100%の答え!という 確固たる正解があるわけではない 」と言いましたが、それでもやっぱり、私は四柱推命で自分について知ることが出来ました。

自分探しの旅でも、自己分析でも、ストレングスファインダーでも分からなかった自分のことが、理解できるようになりました。

だから、これからもっともっと深く、自分探しを続けていきたいと思っています。

自分探しは、日々の日常の中、そして過去の自分の行動から、自分を探していく作業です

インドに行ったって、山に登ったって、そこに自分がいるわけではありません。

また、自分で自分のことを客観的に見ることって、本当に難しいです。

そんな時に指針になってくれるのが、四柱推命だと私は思っています。

よく、「自分で見つけたいので」という人もいますが、四柱推命の鑑定を受けてからが、自分探しの本番だとも思います。

そして、自分という存在を活かしてこれからを生きていくためにも、早い段階で知れるに越したことはないですよね。

以前の私のように、自分探しで迷子になっている人の道標になれると幸いです。


和風水セミナー@大阪・京都】
四柱推命って何?風水って何?
私はどう活用したら良いの?
そんな疑問にお答えする、一般公開セミナー大阪・京都にてやってます♪
講師をつとめるのは伝統風水師である夫ですが、私もおります^^
また、全国どこからでも受けられるWEBセミナーもあります!
★★詳細はこちら★★

四柱推命鑑定
自分のことをもっと知りたい
自分と向き合いたい
私の良さを活かした人生を歩んでいきたい
そんなあなたに知ってほしい。
四柱推命鑑定の詳細はこちら^^
大阪・京都、関西圏の方はもちろん、ZOOMでのWEB鑑定もご相談ください♪
紙面(ダウンロード版)もございます。

京都在住、女性メインの四柱推命鑑定士。 伝統風水師の嫁。 風水、陰陽五行の学びや心理学、自分の経験を活かして 悩める女性のサポートを行っています。 詳しいプロフィール・ストーリーは、こちら♪
Back To Top