沢尻エリカさんから学ぶ命運の影響力【四柱推命・芸能人シリーズ】

自分を知る・四柱推命Leave a Comment on 沢尻エリカさんから学ぶ命運の影響力【四柱推命・芸能人シリーズ】

沢尻エリカさんから学ぶ命運の影響力【四柱推命・芸能人シリーズ】

先日2019年11月16日に沢尻エリカさんが薬物所持の容疑で逮捕される事件がありましたね。

大河ドラマにも出演が決まっていたり、多くのCMや過去の主演映画、ドラマなどの功績などで有名であった沢尻エリカさん。世間でも衝撃のニュースで、たくさん報道されていますね。

年齢も近い女優さんということでとても残念ですが、私たちも他人事として見るのではなく、彼女の命運から学べるものはしっかり学んで、自分の人生に活かしていくべきだなと思い、沢尻エリカさんを四柱推命でみてみることにしました。


沢尻エリカさんの命式(性質)

沢尻エリカさんの生年月日は1986年4月8日。
生まれた時間は不明なので、この情報から命式を出してみました。


まず、命式から読み取れることは

・エネルギッシュな人
・周りを巻き込む影響力がある
・男性っぽい
・周囲に合わせることが得意

ということ。

人に与える印象や本質の部分に丙(ひのえ)や壬(みずのえ)という漢字が来ています。これらの漢字がついていると「エネルギッシュで人に与える影響力がとても大きい」という人です。

特に壬はその人の気分次第で周りの雰囲気が変わる、というイメージ。
(天干の漢字から読み取る性格についてはこちら


また、6つの漢字のうち全てが陰陽の「陽」の漢字です。
命式のバランスが陽に偏っていると、男性っぽい印象、性質が出てきます。女性だけれど、サバサバしていたり、かっこいい頼れる存在、という感じ。


そして、沢尻エリカさんは専門用語でいうと「身弱」というタイプ。
これはTVで見ているだけの私には意外だったのですが、周囲の人や環境に合わせることが得意なタイプです。

ただ、

・役に入っているときは集中するので、そのあと休暇をとって「役落し」をしないと次の作品に入れない

・映画『ヘルタースケルター』では、『りりこ』役に深く入り込み、監督である蜷川実花をして「現場での彼女はりりこそのものでした」と言わしめた。ただ、精神を病み、心身ともに破滅へと向かっていく役柄に集中したためか、体調を崩し、PR活動の休止が発表された。

引用:Wikipedia


というエピソードがあることから、身弱であることもうなずけます。
身弱の人は、良く言えば「周囲に合わせられる空気が読める人」ですが、逆に言うと周囲の環境や人に影響されやすく、振り回されてしまうという一面もあるんです。

本質が「容器が変われば形を変えられる水」の性質であることも役に入り込みすぎるくらい入り込める一因です。


さらに、神殺という漢字同士の組み合わせからみるその人の特性をみると「喪門、弔客、 寡宿」という3点セットがあります。(命式中の赤字です。命式中には頭文字のみを記載しています)

喪門、弔客という神殺は、「人の死に目にあいやすい」という意味。また、寡宿は「孤独になりやすい」という意味があります。

彼女が中学の時にお父さんが病気で亡くなられている、その直後にお兄さんが事故で亡くなられているとのこと。


また、紅艶殺(こうえんさつ)という神殺もついていることから「モテる」タイプだといえます。
これは異性からだけでなく同性からも好かれるという意味があります。
多くの人から人気があったカリスマ的な沢尻エリカさんを見ていると、うなずけます。


さらに、天徳・月徳・将星という神殺がセットでついていることから、「女王様」「エリカ様」と呼ばれているのも納得いくような気がします。
(天徳・月徳はついている人は稀なんです。昔だったら本当に女王様になるような命かも?)


沢尻エリカさんの運の流れ

では、今回の事件に関して沢尻エリカさんの運の流れをみていきましょう。

一番影響力が大きいと言われる大運(たいうん)をみていきます。これは、10年ごとに変わっていく運で、個人で変わる年齢などが異なります。


沢尻エリカさんは現在33歳。現在は「戊(つちのえ)」の大運の中にいます。この時期は土のエネルギーが強まる時期です。

水の身弱の沢尻さんにとって、土は忌神(いみがみ)。つまり、とても悪い時期になります。

そんな土のエネルギーが強まる大運が、実は21歳の頃から続いています。

報道でも、10年以上前から薬に手をそめていた、という供述もしているとのことなので、辻褄が合ってきますね…。


身弱の水の人にとっての「土」のエネルギーは特に
・自分を攻撃される
・社会からのプレッシャーがかかる

といった意味で自分にとって凶となります。

確かに、女優として成功すればするほど重圧としてプレッシャーがのしかかって来たと思いますし、身弱の人にとってこういう時期は、自分を必要以上に追い込んでしまいやすいです。

さらに運が低迷する時期なので、判断を間違えやすいです。
そのため、悪い誘いをきっぱり断りきれなかったのかもしれません。身弱で周りの人に振り回されやすいという性質も影響していたと思います。


また、沢尻エリカさんにとっての「土」の時期は「官」のエネルギーが高まる時期です。


「官」は警察・税務署といった見方もします。
そのため、この時期は警察などから容疑をかけられやすい時期で、特に気をつけなければ行けない時期なんです。


ただ、36歳からの大運は良くなっていきます。芸能界復帰するかどうかは不明ですが、何とか立ち上がり、彼女にとって良い方向に進んでいってくれると思っています。


自分ごととして考える

芸能人の逮捕報道などがあると、「私はそんな事件とは程遠いから大丈夫。」「あの人がそんなことするなんて」と他人事に思っていませんか?

もちろん運が低迷する時期に何が起こるかは、人それぞれです。

例えば、同じ「官が強まる時期」といっても、薬ではなく税務署に入られる、スピード違反・駐車違反で捕まる、会社から厳しい制裁がある…など様々。

そして、それは運の流れに身を任せっぱなしにしていると、ある日突然やってきます。
それが冤罪ということもあり得ます。



だから、自分の運の流れをしっかり知って、運が悪い時期には無理をしない、危ないことをしない、ということがとても大切です。

運の力はけっこう強力です。
知らずにいると、どんどん深みに流されてしまいます。


人はなかなか自分ごととして「気をつけよう」と思うことが出来ません。
このように、人の例をみていくと少しは気づくことがあるのではと思い今回この記事を書きました。

このように芸能人の方は経歴がある程度公開されていますし、参考にしやすいんです。今後も、いろいろな芸能人や著名人の方を例にして、四柱推命の命運の影響力を伝えていきたいと思います。

あなたの人生の参考になりますように^^


【四柱推命鑑定】
自分のことをもっと知りたい、自分を活かした人生を歩んでいきたい…
そんなあなたに是非知ってほしい。
四柱推命鑑定の詳細はこちらに♪
大阪・京都・関西圏の方はもちろん、ZOOMでのWEB鑑定や詳細鑑定書のダウンロードなども可能です。

和風水セミナー@大阪・京都】
四柱推命って何?風水って何?
私はどう活用したら良いの?
そんな疑問にお答えする、一般公開セミナー大阪・京都にてやってます♪
講師をつとめるのは伝統風水師である夫ですが、私もおります^^
また、全国どこからでも受けられるWEBセミナーもあります!
★★詳細はこちら★★

京都在住、女性メインの四柱推命鑑定士。 伝統風水師の嫁。 風水、陰陽五行の学びや心理学、自分の経験を活かして 悩める女性のサポートを行っています。 詳しいプロフィール・ストーリーは、こちら♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back To Top