四柱推命「良い命式・悪い命式」はある?自分の命式を使いこなそう

自分を知る・四柱推命

四柱推命「良い命式・悪い命式」はある?自分の命式を使いこなそう

四柱推命の鑑定をしていると、「私の命式は良いですか?悪いですか?」と聞かれることがよくあります。

答えは、命式に良い悪いはない!です。

もちろん命式をみると、
『この人運が良い神殺が全然ない!いろいろ苦労してそうだな』
『この人は運が良い神殺がいっぱいついてる!』
『若い頃に苦労しそうだな』
『悩みやすそうだな』
といった情報は読み取ることができます。

ただ、それだけで良し悪しが決まらないのが人間。
それには、きちんと理由があるんです。
今日は、2つの事柄を例にとって考えていきたいと思います。

あなたもこれを知っていれば、より四柱推命を使いこなすことができるはず♪

ぜひ自分の「命式」について正しい知識をもってください。


①運が良い時期、悪い時期

人には、必ず良い時期と悪い時期の両方がやってきます。
専門用語でいうと、用神の時期、忌神の時期が必ず10年単位、年単位、月単位で回ってくるということ。
これは、時期は違えど、万人共通事項です。

人によって、良い時期が多い人、悪い時期が多い人などの差はありますが、
必ずどちらも巡ってきます。

そして、悪い時期が少ない人は、悪い時期の凶作用がめちゃくちゃ強い、などといったことも起こりえます。
なので、一概に「命式の良い悪い」は判断できません。


大器晩成か、早咲きタイプか

大運(たいうん)という10年単位の運の流れを見ると、
・自分にとって良い時期が早い時期に固まっているタイプ
・自分にとって悪い時期が若い時期に偏っているタイプ


というのがあります。
(バランス良くきている場合も、もちろんあります)

大運は、一年ごとの運の影響と比べると、とても影響力が強いです。

良い時期が若い頃に偏っている場合、早咲きタイプとなり、早くから結果を残して活躍する人が多いです。

有名人でいうと、元野球選手のイチローがそうですね。
彼の大運をみると 39歳までずっと自分にとって良い運が回ってきていました。
(金の身強なので土と金のエネルギーが良いエネルギーとなります)

これだけ若い頃に良い大運が固まって回ってきていると、イチローのように結果を残して活躍しているのもうなずけます。
もちろん努力の賜物ではありますが^^


一方、良い大運が人生の後半にかたまっているという場合。
いわゆる「大器晩成型」
となります。

ですが、まわりの早咲きタイプの人をみて焦ってしまい、むやみと動いてしまって失敗してしまう人も多くいます。
自分はこんなに頑張っているのに結果が出ない…と苦しんだり、辛い思いをすることもあります。

私も、この大器晩成型タイプ。
生まれてから33歳までずーっと悪い大運が回ってきています^^;
あと2年…!!
だから、今はその時にいっぱい羽ばたけるように、今は準備中。
楽しみです。

これから人生の後半にかけて、良い大運が待ち受けている!というのと、若い頃は結果が出て稼いだけれど、これから気をつけないと運が落ちる一方…というのと。

どちらが良い命式か、なんて優劣つけられるでしょうか?


②命式中に運の良い神殺が多い・少ない

神殺(しんさつ)というのは生年月日を漢字(干支)で表した時の、その漢字同士の組み合わせから読みとく、その人の運の良さや内面的な性質などを表すもの。

上の図の赤文字と緑の文字で書いたものが神殺。

神殺には大きく分けて2種類あります。

吉、つまり運が良い人につく神殺と、凶を表す神殺。
ですが、比率的には圧倒的に凶のほうが多いんです。
(これは、風水・四柱推命は、悪いことを避けましょう、という考えが基礎になっているので、注意喚起ということですね。)


運の良い神殺が多い人の特徴

だから、普通の人は神殺を出してみた時に、凶の神殺のほうが多く持っていて当たり前、という感じ。
そんな中で吉の神殺を多く持っている人は、「運が良い人」となるわけです。

例えば「天乙貴人(てんおつきじん)」という神殺があります。

これが命式についていると、ピンチな出来事が起こってもギリギリのところで助けが現れたり、大きな問題が起こっても、最後には何とかなったり、最悪の事態は免れる…ということが割りとよく起こります。

めっちゃ良いやん!

そう思いますよね。とっても、ラッキーなことです。

ただ、そういう体験を多く重ねると、人間は「結局最後は何とかなるんだ!」というふうに楽観的に考えるようになってきます。

すると……

準備が疎かになる

リスクを考えずにトラブルに飛び込んでいく

きっと何とかなるから、とりあえずやってみよう!と安易な発想で重要な決断をする

こんなふうになってきます。

私たちはこれを「運に甘えている」と言います。


しかも、恐ろしいことに、天乙貴人という神殺は、永遠不滅ではありません。
あまりその力に頼りすぎると、消耗してしまうようなイメージでしょうか。

そう考えると、怖くないですか?


何とかなるから、だんだん努力をしなくなってくる
何とかなるから、リスクを考えない

天乙貴人が助けてくれているうちは、まだ大丈夫です。

貴人が助けてくれなくなった時には、これまで運に甘えてきたツケとして、努力の仕方を知らない、災いの避け方を知らない…という状態。

しかも、世の中の問題というのは、年をとってから起こることのほうが、ダメージは大きくなります。
怖いですよね。


運が良い神殺を多く持っている人は、今は良くても、将来そんな悲惨なことになる可能性もあるということなんです。

実際に、ピンチになって相談&鑑定に来られる人の中には、これまで運に甘えてきちゃったんだな、という人が数多くいらっしゃいます。


命式に運が良い神殺が全然ない人の傾向

逆に、命式中に運が良い神殺が全くない、少ないという場合。

・トラブルに巻き込まれて、そのまま落ちるところまで落ちてしまった
・ぶっつけ本番でいったら、大失敗に終わった
・災いに災いが重なって、大変なことになった

そんな苦しい、辛いことが起こってしまいやすいです。

やっぱりそんなの嫌!って思いますよね。


でもそういう人は、人一倍努力をするようになります。
人一倍準備をするようになります。


「何とかならない」ということを知っているから、危険をできる限り事前に察知しようとしたり、どうやったら上手くいくかを考えて工夫しようという思考になっていきます。

それに、若いうちの方が失敗によるダメージもまだ軽いですし、もちろん苦しい経験なんですが、それをこれからの糧にすることが可能です。


私も、実は命式中の神殺でみると、運はそんなに良くありません。
吉と言われる神殺は一つしかついていないです。
(これまでの30年間の運の流れも良くなかったし…)

確かに、唯一もっている一つの貴人に助けられたんだな~と思いあたることはあるので、ついていて良かった!とは思いますが、たくさん運の良い神殺がついている人と比べると、私のこれまでの人生は基本的に、努力と根性で乗り切ってきたなぁと思います笑

中学の部活からはじまり、受験勉強、学校の成績、試験、就職、仕事、ネットワークビジネス…
私の座右の銘(?)は常に「努力・根性・絶対諦めない!!」でした。
(まあこの思考が自分を苦しめる元にもなるんですけどね^^; )

こうやって努力できるということは、大切なことなんだなあと最近改めて気が付きました。

こう考えても、やっぱり良い命式、悪い命式ってないと思いませんか?


まとめ~隣の芝は青く見える~

結論、命式に良い悪いはありません。

要は、どんな命式でも、その命式に気がついてから、その人がどう進んでいくか、という選択次第。

もちろん、良い人生を歩んでいくためには、自分の命式を良い点も悪い点も把握して、注意すべきところは注意していくことが必要です。


四柱推命の本来の使い方は、
これから起こってくる嫌な出来事を事前に予測し、いかに避けていくか。
これから来る良い時期に、いかに乗るか。
自分の性質をどう活かしていくか。


よく、鑑定を受けた人同士で会話をしていると、「あなたの命のほうが羨ましい」「そういう命式って憧れる」というやりとりがよくあります。

得意な分野が狭いけれど突出している人
何をやっても器用にこなせる人
自分をしっかり持っている人
人に柔らかく合わせられる人

…様々な人がいます。

でも、みんなそれぞれが悩みを持っていて、それぞれが良いところを持っています。

みんな、隣の芝は青く見えるんです。

得意分野がはっきりしている人は、それ以外は苦手…と悩みますし、何をやっても器用にこなせる人は、悪く言えば器用貧乏だと悩みます。自分の得意なことがわからない…と。


私も以前は、他の人になろうと一生懸命になっている時期がありました。
でも、けっきょく完全になりきることはできないし、しんどくなってしまいます。
だって、そもそも性質が違うから。

でも、四柱推命の鑑定を受けて、自分を少しずつ受け入れていって、今では他人を羨ましいとは、めったに思わなくなりました。

自分の命式が良いか悪いか、ではなく、私という乗り物をどう乗りこなすか。
それが大切。

ぜひ、あなたも自分のことを知ってあげてくださいね^^


【四柱推命鑑定について】
自分のことをもっと知りたい、自分を活かした人生を歩んでいきたい…
そんなあなたに是非知ってほしい。
四柱推命鑑定の詳細はこちら♪
大阪・京都・関西圏の方はもちろん、ZOOMでのWEB鑑定や、鑑定書をダウンロードしていただく紙面鑑定なども可能です。

【和風水セミナー@大阪・京都】
四柱推命って何?風水って何? 私はどう活用したら良いの?
そんな疑問にお答えする、一般公開セミナー。大阪・京都にてやってます♪
講師をつとめるのは伝統風水師である夫ですが、私もおります^^
また、全国どこからでも受けられるWEBセミナーも!
★★詳細はこちら★★

京都在住、女性メインの四柱推命鑑定士。 伝統風水師の嫁。 風水、陰陽五行の学びや心理学、自分の経験を活かして 悩める女性のサポートを行っています。 詳しいプロフィール・ストーリーは、こちら♪
Back To Top