○○するだけで大丈夫!?~運が上る人と、運が上がらない人の違いは~

未分類 自分を知る・四柱推命

○○するだけで大丈夫!?~運が上る人と、運が上がらない人の違いは~

昨日のブログでは、運が良い・悪いってどういうこと?
運が悪い時期はどうしたら良いの?
というブログを書きました。

あなたは大丈夫?運が悪い時期の過ごし方と対処法


私たち風水師は
運が悪くなる時期に出来る限り運が下がらないよう
運が良い時期に思いっきり上がれるよう
お手伝いをしていきます。

人は誰しも良い時期と悪い時期がやってくる。

でも、残念ながら
それでも運が上る人と上がらない人が
どうしても出てきてしまいます。

その両者の違いは、いったい何なのでしょう?


運が上がる人と上がらない人の2つの違い


まず、大前提として「運を上げるために自分で動けるか。」これがポイントだと思います。

お守り持っとけば大丈夫
置物を置いとけば大丈夫
お祈りすれば大丈夫

これでは、残念ながら運は上がっていかないんです。。

お守りを持ったり、神社などでお願いごとをすると心の支えにはなるかも知れませんが、本当に自分で「運を上げよう」と行動しない限り、何も変わりません。

何かを置くだけ、持つだけで大丈夫だと期待していた方は申し訳ありません…
これが、伝統風水が日本で一般的に流行していない要因でしょうか(/_;)

それでは、運が上がる人と上がらない人の具体的な違いを見ていきましょう~!


①命を知っている

四柱推命での自分の命(めい)のことです。

この場合の「知る」とは、ただ結果を知るだけではなく、本当に自分の中に腑に落とすことです。命を知ると、

・自分がどんなところで判断を誤りやすいのか
・どんなところに欲がでやすいのか
・何を基準に動きやすいのか

などを、理解して気をつけることができるんです。

前回のブログにも書きましたが、運が低迷している時は判断を誤りやすい。だから物事が上手く行かなかったり、ミスが多かったりするんです。自分の運が低迷する時期や、その時にどういう罠にはまりやすいのか、どんな判断ミスをしやすいのか、そういうことを知っておく必要があります。

まず、正しい判断をできるようにする必要があるということですね。

そのために、自分の命(めい)を知ることが一番大切。四柱推命は、自分を客観的に見るため、知るためのツールです。自分のことって、実は自分が一番わかっていないんです。

ただ、四柱推命鑑定を受けたから100%自分を知ることができるかというと、そうではないんです。それくらい、人間って複雑です。まずは「知ろうと努力する」ことから。

ちなみに、あの有名な孔子でさえも命を知るのに50年かかったと言われています。

子曰く、吾十有五にして学に志す、三十にして立つ、四十にして惑わず、五十にして天命を知る、六十にして耳順う、七十にして心の欲する所に従えども、矩を踰えず

(私は十五才で学問を志し、三十才で学問の基礎ができて自立でき、四十才になり迷うことがなくなった。五十才には天から与えられた使命を知り、六十才で人のことばに素直に耳を傾けることができるようになり、七十才で思うままに生きても人の道から外れるようなことはなくなった)

『論語』

↑こちらの本は、数ある『論語』の中でも、
けっこう読みやすくてオススメです♪


まずは自分の命を「知ろうと努力する」ことが大切です。その最大の手助けとなってくれるのが、四柱推命。


②感情のコントロールができる

次に、大切なのが「感情や欲をコントロールできること」です。感情をコントロールするというのは、「怒らない」とかそういうのではなく、感情のままに振り回されて動かない、ということ。

運を上げていくには、「吉を取りに行く」よりも「悪いことを避ける」ことのほうが何十倍も重要です。

これを、古典では

趨吉避凶

といいます。 凶を避けるためには、けっこう感情や欲が邪魔をするんです。

例えば、

・今の職場が嫌で転職したくなったけれど良くない時期…我慢できますか?

・とても気に入った家が見つかったけれど、風水が最悪。どうしますか?

・思わず手を出したくなった投資…運も良くない時期、客観的に周りからも真っ当な理由で反対されている…どうしますか?

・将来のためにやらなきゃ…と思いながらも忙しいから、今楽な行動をとってしまう

などなど。


ここで、「これは感情で動いてしまっているな」「欲が入っているな」と気がつくことができて、凶を避ける行動を起こすことができれば、運を上げていくことができます。

私も以前は感情や欲で動いてしまって、たくさんの失敗をしてきました。

今が楽だから
目先の利益のため
自分の保身のため(波風立てるのはイヤだ…)

こういうことを優先した結果、運の、負のスパイラルに入っていきます。

だから、感情に負けない、欲に負けないって本っ当に大切!!
そのためにも、自分はどんな時に感情が出やすいのか、どんな欲に走りやすいのかを知っておくことが必要です。これは、「命を知る」に繋がりますね。


もちろん、感情や欲を出す場面があっても良いんです。遊ぶ時や外食を楽しむ時なんかは、開放しても良いと思います。出すところ、出さないところのコントロールができるのが理想ですね!


いかがでしたでしょうか。今日は2つの「運が上がる人と上がらない人の違い」を書いていきました。

まだいくつかご紹介したいと思いますので、次回のブログに書いていきますね。

和風水セミナー@大阪・京都】
四柱推命って何?風水って何?
私はどう活用したら良いの?
そんな疑問にお答えする、一般公開セミナー大阪・京都にてやってます♪
講師をつとめるのは伝統風水師である夫ですが、私もおります^^
また、全国どこからでも受けられるWEBセミナーもあります!
★★詳細はこちら★★


四柱推命鑑定
自分のことをもっと知りたい
自分と向き合いたい
私の良さを活かした人生を歩んでいきたい
そんなあなたに知ってほしい。
四柱推命鑑定の詳細はこちら^^
大阪・京都、関西圏の方はもちろん、ZOOMでのWEB鑑定もご相談ください♪
紙面(ダウンロード版)もございます。

京都在住、女性メインの四柱推命鑑定士。 伝統風水師の嫁。 風水、陰陽五行の学びや心理学、自分の経験を活かして 悩める女性のサポートを行っています。 詳しいプロフィール・ストーリーは、こちら♪
Back To Top