自分ってどんな人?~四柱推命・十干でみる性格診断~

自分を知る・四柱推命Leave a Comment on 自分ってどんな人?~四柱推命・十干でみる性格診断~

自分ってどんな人?~四柱推命・十干でみる性格診断~


あなたは、どんな人だとよく言われますか?
自分では、どんなタイプだと思いますか?

四柱推命では、いろんな角度からその人の性質を見ていくのですが
一番シンプルでわかりやすいのが
「日主」の十干を見るという方法です。

人からの第一印象でどう思われているか
何度か会っている人にどう思われているか
本質的な自分はどんなタイプなのか
潜在的な(もしかしたら自分でも気づいていない)自分は?

こんなことがわかってきます。

自分のことを知ることで
自分の良さや、修正すべき点が見えてきます

今日は、私の「本質的な部分」を例にして
見ていきたいと思います。

もし四柱推命を受けたことがある人は、
自分に照らし合わせながら読んでみてくださいね。

受けたことがない人は、こちらの記事に日主の調べ方を書いているので
良かったらみてみてください♪


乙(きのと)雰囲気。芸能人でいうと…


私は日主が「乙(きのと)」というタイプです。

十干といって甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸の十種類であるうちの一つ。

これらは自然界のもので表されていて
乙というのは草花や竹、ツル科の植物などを意味します。

(その他のタイプはこちらのブログを参考にしてくださいね^^)
日主が甲・乙の人
日主が丙・丁の人
日主が戊・己の人
日主が庚・辛の人
日主が壬・癸の人

だから、パッと見た印象としては
草花ということで
ほわっとした優しい癒し系の人です。

例えば芸能人でいうと
スザンヌ、有村架純、大島優子、松坂桃李、石塚英彦、佐々木健介
などなど。

ちょっと雰囲気がわかりやすそうな人を選んでみました。

まあ、本質が乙でも、他に入る漢字によって
全く違う印象になったりもしますので
あくまで一つの見方です^^


乙の人の特徴と注意点

いろんな特徴があるんですが、今日はこちらを紹介。


① 溜め込みやすく、ある時爆発

乙は、「竹」も表します。
竹って、実はけっこうしなやかで、意外と曲がるんですよね。
でも、ある一定の限度を超えると、スパン!!っともとに戻ります。

だから、ストレスや我慢を溜め込みやすいんです。
けっこう耐えられちゃうから。
でも、ある時一気にそれが噴出する。

私も何度か経験があります。
いつも大人しそうな顔をしているから、急にキレると
けっこうびっくりされるんですよね。

だから、溜め込まずに、ちょっとずつガスを抜いてあげることが大事。
私も溜め込んで爆発することが何度かあったので、、、

乙の人に限らずですけど、溜め込みがちな人は意識して
日頃から、心がけてくださいね。


② 柔軟。でも意外と根っこは変わってない

雑草を想像してもらうとわかりやすいかもしれません。

芝刈り機などで刈り取るのは一瞬ですよね。
だから、言われたことに対して柔軟に対応することができる。

でも。

実は腹の奥では、自分の思いをしっかり持ち続けています。

雑草も、一度刈っても、同じところからまたワサワサと生えてきますよね。

道端の草花


まだ根っこが残っているから。

だから、乙の人って意外と頑固なんです。

乙の人が何かを変えようと思ったら
根っこの部分からごそっと変えないと
本当の意味では変わることができないんです。

でも一見変わったように見せちゃうから厄介。
これも、自分で意識しないといけないですね。


③ ダメージを受けても立ち直りが早い

最初の竹の例や雑草の例でもわかるように
けっこうストレスがかかってもポキっと折れることがないんです。
刈られても刈られても、また生えてくるし。

だから意外とウツなどには、なりにくかったりします。
(その他の性質にもよりますが)

乙は草花を表すので
一見癒し系で優しくて…そんなイメージの人が多いですが
意外と根が深くて頑固な一面もあるんですよね。
いつまでも根に持っていたり…^^;

あなたはどんなタイプですか?
注意点はわかっていますか?

自分のことって、意外と自分で思うのと
他の人が感じていることが違ったりするので
いろんな人に聞いてみるのも面白いかもしれませんよ^^

ぜひ、自分のことを客観的にみて
人生を「自分」という乗り物で乗りこなしていきましょう♪


京都在住、女性メインの四柱推命鑑定士。 伝統風水師の嫁。 風水、陰陽五行の学びや心理学、自分の経験を活かして 悩める女性のサポートを行っています。 詳しいプロフィール・ストーリーは、こちら♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back To Top