女性の働き方~外で働く女性偏~

未分類

女性の働き方~外で働く女性偏~

会社員などとして外で働く女性のみなさん、
毎日仕事に行って、疲れ果てていませんか?

男性に負けまいと、がむしゃらに頑張っていませんか?

今では女性が外に出て働くことが、当たり前になってきています。

働いている方のそれぞれに、様々な理由があると思います。
それはよくよくわかるのですが…

今回の記事は、かつての私のように、頑張り過ぎている女性の方に、読んでほしいなと思います。


男女を陰陽で考えると


陰陽五行思想では、女性は陰、男性は陽と分けられます。
(ちなみに陰陽でいうと、陰からのほうが影響が強いんですよ。)

全てが陰と陽に分類されます。これはほんの一例


そのため、女性は内から支え、守るのが役割、
男性は外から家庭を守るのが役割
と考えます。

つまり女性は家庭を守って、男性は外に出て稼ぐもの、ということです。


こう言うと、外で働いている女性陣、働きたい女性陣から

「いやいや、今の時代女性が活躍しなきゃ!」
「専業主婦とか嫌、外に出て働きたい」
「男性に負けてるみたいで嫌」
「女性差別だ」

という声が聞こえてきそうですね。

私も実は、そういう意見をもつ一人でした。

「外で働くキャリアウーマンが素敵な女性」という勝手なイメージも、ありますよね。。


男性に負けるのが嫌だった


大学を卒業して社会人になったとき、私は男性の多い職場に入社しました。

例えば荷物を運ぶ時。(うちの会社は基本的に重くて精密なものが多かったんです)
軽いのから持っていって良いよ~と言われたり、
必死に運んでいる私を見て、代わりに持とうとしてくれたとしても、
遠慮というよりは、意地になって断っていました。


また、入社して数年の頃は、
「結婚しても専業主婦は嫌。絶対にバリバリのキャリアウーマンとして働き続けるんだ!」と言っていました。

ネットワークビジネスをしていた時代には、周りの人みたいに結果を出さなきゃ、と焦って、
2年半の間、一日たりとも休むことなく活動していました。
朝早くから夜遅くまで外で動き回り、深夜は睡眠時間を削ってネット集客などの事務作業。
負けたくない一心で、そんなことをしている時代がありました。


同じ土俵で考えてはいけない


風水と出会ってから私がその動き方をやめたのは、陰陽のルール、男女の違いを理解したからです。


男女平等って言うけれど、
そもそも男性と女性では身体のつくりや考え方が根本的に違う。
体力だって違う。(スポーツだって、男女分けていますよね。)


同じ時間、同じ仕事をしていたら、
女性のほうが疲れてしまうのは当たり前。

女性のほうが、一ヶ月の中で体調のアップダウンの変化が大きいのも当たり前。

「私は毎日頑張っているけど全然大丈夫!」という人も、40代くらいになってくると、必ず心か身体に支障が出てきます。

男女は違う生き物だ、くらいに考えて良いくらい。
だから本来、男性と女性では役割も違うんです。

わたしたちが本当に求めるべきものは、男女平等ではなく
男女公平なんですよね。

男性の役割は男性に任せる
女性の役割は女性に任せる

お互いが、助け合ってる。

一般的に男性の得意なことは、
体力面、
力仕事、
外に出ていくこと、
お金を稼ぐこと

女性の得意なことは、
細やかな気配り、
包容力、
お金の使い方を考えること
などです。(他にもいっぱいありますよ!)

もちろん
今の仕事をやめましょう!
専業主婦になりましょう!というわけではありません。

今の時代、それが叶わないことも多いですからね。

ただ、女性ならではのやり方があるはずなんです。
女性だからこそ、勝てることがある。

あなたは男性と同じように頑張ろうとしていませんか?

たとえ営業ウーマンでも、独立していても、サービス業でも事務の仕事でも
女性らしい、もっというと、あなたらしい働き方があるはずです。

男性にはできない、強みがあるはず。

もし転職しようとしている方なら、なおさら
女性の「陰」という性質や自分の性質を意識して仕事を探してみてほしいと思います。

そして、長い目で人生をみるときに、
女性である自分は、ずっと今の働き方で良いのか?をしっかりと考えてみてほしいと思います。
(そういうことに理解のあるパートナーがそばにいてくれると素敵ですね♪)

そもそも今の「仕事」というフィールドは、
男性が作り上げたルールで回っています。

その土俵で女性が同じように働こうというのは、そもそもおかしい話なんですよね。

フィギュアスケートだって、男子は4回転ジャンプに挑戦するけど、女子はトリプルアクセルを飛べる人すら少ないんです。
だから、男女の得点を混ぜて競ったりしないですよね。
もし男女同じ土俵にあげてしまったら、おかしなことになってしまう。

でも、仕事となるとそれが曖昧になってしまうんです。

「女性が活躍する時代です!」って、何だかキラキラしたイメージですけど
今まで女性が活躍してなかったみたいですよね。

それって、「これからは女子も4回転ジャンプを飛ぶ時代です!」
って宣言しているようなものじゃないのかなぁ。。


男性と同じように、負けないように…
そうやって無理をし続けていると
女性の身体にはいずれ無理が出てきてしまうのです。

ちなみに私は、2年半の猛烈なビジネス活動の末、卵巣に腫瘍ができてしまいました。

今は家事をしながら、風水師である夫の四柱推命鑑定や風水鑑定を手伝ったり、和風水に来てくれる方のサポートをしたり、悩みをきいたり、和風水をもっと拡めていくための様々な仕事をしています。

これから、もっといろいろなことに挑戦もしたいと思っています。

身体に負担のかからない範囲で(時には頑張りますが!)活き活きと働けています。

みなさんもぜひ一度、自分の働き方、女性としての働き方を
見つめ直してみてくださいね。


京都在住、女性メインの四柱推命鑑定士。 伝統風水師の嫁。 風水、陰陽五行の学びや心理学、自分の経験を活かして 悩める女性のサポートを行っています。 詳しいプロフィール・ストーリーは、こちら♪
Back To Top