妊娠力を高める方法【あなたにあった方法を!】~気血水の滞りを解消~

からだのこと

妊娠力を高める方法【あなたにあった方法を!】~気血水の滞りを解消~

妊娠力は、妊娠を望んでいる女性にとって気になるポイントですよね。

でも、意外と病院の検査数値には出てこない要素が関係していることも多いんです。

風水・四柱推命・東洋医学で「妊娠しにくい人」の特徴は

①食神のエネルギーが弱い
②水のエネルギーが弱い
③気血水に滞りや不足がある
④運が低迷している
⑤家、寝室の風水が悪い

でした。
妊娠しにくい体質&性質。そこを改善しないまま頑張ってもダメ。>より。

今日は、「③気血水の滞りや不足がある」のうち、不足していないけれど滞っているというタイプの妊娠力を高める方法についてご紹介していきます!


気血水が滞っているとは?

気血水とは、体の機能を成り立たせている、重要な3要素。

全てのエネルギー源となる「気」
栄養や酸素など体に必要なものを全身にくまなく届けてくれる「血(けつ)」
血意外の全てのからだの水分(リンパや細胞液など含む)を指す「水」

これらがお互いに関係しあいながら、体内を循環していることで、私たちの体は保たれています。

でも、このどこかが不足してしまったり、流れや排出に滞りが生じてしまうと私たちの体は不調を訴え始めます。

病院では数値として出ない「未病」なんかは、これら気血水のバランスや循環が崩れ始めた証拠です。

これらが進行していくと不妊を始め、様々な病気にも発展していきます。


前回までのブログで「不足」については書いたので、今日は「滞り」について。

気の滞り
血の滞り
水の滞り

3つの可能性があります。
(お互いが関係しあっているので、気の滞りが酷くなると血も滞る、ということも発生します)

妊娠力を高めていくためには、これらの滞りを解消しないといけません。

それでは、解決方法を見ていきましょう!


あなたはどのタイプ?

①気の滞りの症状(気滞タイプ)

ため息・あくびがよく出る、精神不安、不眠、イライラしやすい、腹部膨満感がある、消化不良、めまい、頭痛、のぼせ、手足のしびれ、動悸

②血の滞りの症状(血瘀タイプ)

ニキビやシミがよくできる、うっ血しやすい、皮膚や粘膜が暗紫色、冷え、下腹の張り、のぼせ、動悸、肩こり、頭痛、ほてり、しびれ、便秘、生理不順、生理痛(生理前に痛む、塊が出る)、若年白髪、不眠

③水の滞りの症状(水滞タイプ)

動悸、息切れ、アレルギー性鼻炎、咳、鼻水、痰、汗かき、排尿困難、下痢、むくみやすい、めまい、肩こり、頭重、関節痛、下に歯型がつく、お腹がチャプチャプする



タイプ別 妊娠力を高める対策

①全てのタイプに有効

まず、どのタイプでも有効な方法は、「お風呂に入ること」です。
シャワーで済ませるのではなく、湯船につかることです。

湯船につかることで、気・血・水の巡りが良くなります。汗をじんわりかいたり、筋肉がゆるんだり、血管がひろがったり。

(※体質によっては汗を大量にかくとあまり良くないので、体が温まったな~気持ち良いな~というくらいにしておきましょう♪)


②気・血の滞りの解消

実は、気の巡りと血の巡りは特に深い関係性があります。
気の巡りが、血の巡りをリードしているからです。

なので、これらのタイプは一緒にみていきましょう。

・食べ物

気の滞りを解消してくれる食べ物は

らっきょう、玉ねぎ、大根、みかん、オレンジ、グレープフルーツ、葛

血の巡りを良くしてくれる食べ物は

ごぼう、レンコン、チンゲン菜、ほうれん草、黒豆、えんどう豆、栗

などです。

ぜひ体質に合わせて、日々の食事に取り入れてみてくださいね。


・運動

滞った気や血を巡らすには、激しい運動は必要ありません。
ウォーキングやヨガなどゆったりした運動を毎朝するだけでも違います。

好きな音楽を聞きながらやったり、自然豊かなところを散歩するとリラックス効果もあって、良いですね^^

・リラックス♪

気や血が滞りがちな人は、すぐにイライラしてしまったり、怒りっぽい人、クヨクヨ思い悩みすぎる人が多いです。

肝は血液の貯蔵や、全身へ出ていく血量の調整や気の巡りの調整機能を持っています。

あまりイライラしすぎてしまうと、この肝の重要な機能が弱ってしまうんですね。


なので、このタイプの人が妊娠力を高めようとする際には、あまり気にしすぎない工夫や、自分なりのリラックスする方法を見つけて心を穏やかにするようにしてみてください。

考え込みすぎる人は、ぼーっとしたり、瞑想、ヨガなど、頭を空っぽにする時間をつくることも大切です。

いらないストレスは、思いもよらない悪影響を及ぼしています。


③水の滞りの解消

水滞の方は、余分な水分や老廃物が溜まってしまっている状態です。
この余分な水分や老廃物を出す方法をみていきましょう。

・食べ物

余分な水分を排出してくれる食べ物は

冬瓜、すいか、きゅうり、なす、じゃがいも、ゴーヤ、緑豆、豆腐、たけのこ、ハモ、アサリ、ハマグリ、はとむぎ、山芋、オレンジ、グレープフルーツ

など。
少し意識して、献立に取り入れるようにしてみてくださいね。

また、水分をためこみやすい以下のものは控えめにしてみましょう。

牛乳、乳製品、トマト、メロン、甘いお菓子・飲料

まずは、余分なものを排出する「体の大掃除」を意識しましょう。

むくんでませんか?


・運動

このタイプの方は気が不足していることも多いので、あまり大量の汗をかく運動はオススメできません。

デトックスというと「汗をかく」と結びつける人も多いかもしれませんが、ウォーキングなどの運動で基礎体力をつけることがオススメです。

また、水滞の人は湿気があると体調が悪くなることがあるため、岩盤浴やサウナ、長時間のお風呂などは、やはりオススメできません。


まとめ

今日は気血水の滞りについてでしたが、いかがでしたでしょうか。

食事と軽い運動は気血水のバランス、循環にとても密接に関わっています。
妊娠力を高めたいのであれば、特に気血水は重要になってきます。

ぜひ、試してみてくださいね♪

あとは、漢方薬局へ行って自分の体質にあった漢方薬を処方してもらうのも一つ。
(病院でも漢方をくれることがありますが、病院は制約があり、あまり個人の体質に合わせて処方するということができません。なので、漢方薬局がおすすめ。)

こちらの記事も合わせてお読みください^^

【関連記事】
妊娠力を高めるポイント【体質ごとに違う対処法・食べ物】~気の不足編~
妊娠力を上げるポイント【個人で違うやるべきこと】~血の不足編~
妊娠力を高めるポイント【気血水あなたのバランスは?】~潤い不足編~


和風水セミナー@大阪・京都】
四柱推命って何?風水って何?
私はどう活用したら良いの?
そんな疑問にお答えする、一般公開セミナー大阪・京都にてやってます♪
講師をつとめるのは伝統風水師である夫ですが、私もおります^^
また、全国どこからでも受けられるWEBセミナーもあります!
★★詳細はこちら★★

京都在住、女性メインの四柱推命鑑定士。 伝統風水師の嫁。 風水、陰陽五行の学びや心理学、自分の経験を活かして 悩める女性のサポートを行っています。 詳しいプロフィール・ストーリーは、こちら♪
Back To Top