女性必見!マスクの常用は運を下げる!~人相学でみる開運ポイント~

風水・パワースポット

女性必見!マスクの常用は運を下げる!~人相学でみる開運ポイント~

季節の変わり目やインフルエンザの流行、花粉症などでマスクをする人は多いですよね。

ですが、そういう必要性がない人でもマスクをつけている方が最近とっても多いんです。いわゆる「伊達(だて)マスク」ですね。

でも、実はマスクを必要もないのにずっとつけていると、運が下がってしまうんです。今日は、マスクと運の関係について見ていきたいと思います。


伊達マスクの実態

現在日本で一般的に家庭で使われるマスク(産業用、医療用を除く)の生産量は、2018年時点で約43億枚(全マスク生産量の78%が家庭用)となっていて、膨大な量が市場に出回って消費されていきます。

伊達マスクをする人は、圧倒的に女性が多く、特に中高生や20代30代女性が多いようです。

なぜ大勢の女性が伊達マスクを愛用しているんでしょうか。特に多い理由は

「マスクをしていると暖かいから」
「スッピンでも気にしなくていいから」
「顔が隠れることにより、安心感があるから」
「あまり話しかけられないように」

などを理由に挙げているようです。

私も会社員時代、咳が酷かった時に2~3日会社でマスクをしていたことがあります。最初こそ鬱陶しかったものの、3日目くらいになってくるとなんだか安心感が出てきたのを覚えています。

なんとなく壁が1枚あって自分を守ってくれているような、隠れ蓑に隠れているような…そんな感じ。体調悪いんですよ~でも頑張ってるんですよ~というアピールにもなりますしね。昔の私はこんなやつだったので…<卵巣嚢腫になりました①~浮き彫りになった心。悲劇のヒロインになりたかった~

だから、気持ちがわからないわけではありません。

ちょっと近所に買い物に行くのにメイクするの面倒だな…という時も、マスクは便利と感じてしまうのが、人間です。

でも、ちょっと待ってほしいんです。


なぜマスクが運を下げるのか

現在売られているマスクは、顔の半分以上を覆ってしまう大きなものが多いですよね。目しか出ていない、という感じのもの。

風水師はその人の運の状態を見る時に「人相」をみます。

人相は、顔の色や目、ほくろの位置や輪郭など様々な情報からその人の運の状態や精神状態を読み取ることができるんです。

それは言い換えると、運の大切なポイントが顔にはたくさん存在するということ。それらをマスクで隠して見えないようにしてしまうと、その運がうもれてしまい、発揮されないんですね。

こちらのブログでは「おでこ」を隠すことについて書いていますが
開運の鍵★悩みがちな前髪あり、なし問題~風水的正解があります!~
理屈はそれと同じです。マスクして前髪おろして…なんて最悪です(>へ<;)

だから、どうしても感染を防ぎたい時や、仕事上つける必要がある時は別ですが、プライベートではしっかり顔を出していないと、運を下げることにつながってしまいます。

実際お客さんの中にも、お会いして最初の頃は「ずっとマスクをつけている」という方がよくいますが、そういう人で運が良い人、うまくいっている人は見たことがありません。


顔を出して開運を!

マスクに慣れてしまっている方は、ちょっと勇気がいるかもしれませんが、数日で慣れていきます。

また、ニキビなど見られるのがイヤ、顔にコンプレックスがある、という方もいらっしゃいますが、一生誰からも隠し続けるわけにはいきません。治せるものであれば根本から治す努力をする方が自信にもつながりますし、治るものではないコンプレックスも、どこかで受け入れていかなければいけません。

治したり、受け入れていくためには、エネルギーを上げていく必要があります。このブログの中で、養生術やエネルギー・気を高めていくヒントをこれからもたくさん書いていきますので、ぜひ参考にしてくださいんね^^

四柱推命鑑定
自分のことをもっと知りたい
自分と向き合いたい
私の良さを活かした人生を歩んでいきたい
そんなあなたに知ってほしい。
四柱推命鑑定の詳細はこちら^^
大阪・京都、関西圏の方はもちろん、ZOOMでのWEB鑑定もご相談ください♪
紙面(ダウンロード版)もございます。

和風水セミナー@大阪・京都】
四柱推命って何?風水って何?
私はどう活用したら良いの?
そんな疑問にお答えする、一般公開セミナー大阪・京都にてやってます♪
講師をつとめるのは伝統風水師である夫ですが、私もおります^^
また、全国どこからでも受けられるWEBセミナーもあります!
★★詳細はこちら★★

京都在住、女性メインの四柱推命鑑定士。 伝統風水師の嫁。 風水、陰陽五行の学びや心理学、自分の経験を活かして 悩める女性のサポートを行っています。 詳しいプロフィール・ストーリーは、こちら♪
Back To Top