エネルギーは食事から。忙しい人でもできる、なんちゃって簡単ごはん♪

からだのこと

エネルギーは食事から。忙しい人でもできる、なんちゃって簡単ごはん♪

運を上げるのも
判断力を上げるのも
なにかに対してやる気を出すのも
エネルギーを上げることが大切です!!
ダイエット中の方も、エネルギーを上げることは代謝を上げることにつながります♡


エネルギーを上げる、充電する行動の中でも、
私たち人間が毎日必ずやること。

それが「食べること」「寝ること」です。

せっかく毎日やることなんだから、
しっかりエネルギーを充電できるようにしたいですよね。

今日は、食べることでエネルギーを上げる!
ということを書いていこうと思います。

あなたは、エネルギーを上げる食事が出来ていますか?


食事を整えるステップ。あなたはどの段階?

食事を整える、と聞くと「栄養バランスを考えなきゃ」と思いがちですよね。

世間でも、食に対しては様々な情報があふれています。
「添加物が良くない」
「○○の食材が良い」
「●●の栄養が大切」

私たちは、それに振り回されていることが多いです。

もちろん、良い食材を使って、栄養バランスを整えた食事をすることは理想です。

でも、ちょっと待って!

もしかしたら、まだそれ以前の段階かもしれません。

気をつけるべき優先順位は

1.食事 2.食品 3.栄養素

です。

もし、食事よりもお菓子やパンがメインになってしまってる
きちんと食事をとるのが週に何回か
なんていう場合は(以前のわたし…)
まず「食事」をしましょう。
きちんと食べましょう。

コンビニが良くない、この栄養とらなきゃ…
の前に、きちんと食事をすることが大切です。
買ったお弁当やお惣菜でもOK。

食事はしているよ~という方は、
選ぶ食材に気をつけてみたり
足りない栄養素は?
質の良くない油を取りすぎていないか?
などと進んでいきます。

あなたはどの段階でしょうか?


忙しいワーキングウーマンには、これが大事!

今日のブログでは、どちらかというと
あまりきちんと食事を準備していられない!という
忙しいワーキングウーマンの方に向けて書いていきたいと思います。

がんばり屋さんや完璧主義の方は
ちゃんと料理本みて作らなきゃ
定食みたいに整った料理を作らなきゃ
という思考が働いてしまって、面倒になってしまう方が多いです。

こんなの目指してませんか?


それよりも、まず「エネルギーを取りましょう!!!」

特に一人暮らしの場合、自分ひとりだから食べ物も適当でいいや
ってなりがちなんですよね。


わたしも一人暮らしで働いている時は
キッチンがめちゃくちゃ狭くて、
切るスペースもほとんどないし
コンロは電熱式のコンロが一口だし
流し台は小さいし…

料理のストレスがマックスでした^^;

それに加えて、仕事で疲れてお腹が空いて、すぐに食べたい!
となれば、もうちゃんとした料理なんて全然していませんでした。

そんなわたしが、卵巣嚢腫になったことをキッカケに
食事にちょこっとだけ気を使うようになったんですね。
(それでもちょこっと…)
その時にした工夫をお伝えしていこうと思います。

そのためには、

再現性がある&ローテクニック

であることが重要★

だって

続けてなんぼ!だから。

洗い物が出来るだけ少なくなるように
そんなに火を使わなくて良いように…
料理本なんてもちろん不要
みたいな。

ちょっとした工夫で
簡単で栄養がとれるごはん、ご紹介していきますね♪
料理をする人からしたら呆れられるかも…


野菜や果物ってお高い?

キャンプにて♪


「果物とか野菜って高いよね」という声は、よく聞きます。

わたしも以前は思っていましたが…

長い目で見たらどうでしょう…?
食べ物は自分のからだを作ってくれるもの。
自分のエネルギーになってくれるもの。

食べ物を変えていくと、エネルギーが上がって
判断力ががアップして仕事の効率や成績が上がったり
肌の調子が良くなってエステや高いスキンケアが不要になったり
頭痛薬や生理痛、便秘薬などを手放せたり。
けっきょくは不要な費用がカットできたりします。

だから、
晩ごはん、お菓子で済ましちゃおうかな…
そんな思考になってしまった時は
これをちょっと思い出してみてくださいね。

食事って、お金がなくなってくると一番に削りがち。
私もそうでした。
でも、けっきょく体が一番の資産なんです。


食事について、いろいろ書いていたら長くなってしまいました^^;
次のブログで
実践編、食事の工夫について書いていきますね!


京都在住、女性メインの四柱推命鑑定士。 伝統風水師の嫁。 風水、陰陽五行の学びや心理学、自分の経験を活かして 悩める女性のサポートを行っています。 詳しいプロフィール・ストーリーは、こちら♪
Back To Top