認めてもらうために、いろんな価値をつけようとしていた②

自分を知る・四柱推命

認めてもらうために、いろんな価値をつけようとしていた②

今日は前回に引き続き、承認欲求シリーズ。

いろんな「鎧」を身に着けていた
というお話です。

自信のない人や
人に認めてもらいたい!という欲求が強い人は
頑張りすぎてしまう傾向があります。

ある程度は、必要なことだと思うんですけど
度が過ぎると苦しくなる。

人に認めてもらうことに依存しすぎると
わかりやすい形で認めらない限り
永遠に安らぎがやってこない


私の場合、人に認めてもらうためにやっていたことは
(今から思えばですけど)

・ダイエット
・服を買う
・アポイントの電話(本来の目的というよりは、認められたくてやってた)
・愛想笑い
・誘いは絶対断らない
・自分の時間を犠牲にする
・沈黙にならないようにとりあえず必死で喋る

などなど。(もっとあるなぁ。)

もちろんそれが、

自分に自信をつけるため、
より自分が魅力的になるためにやっているなら良いと思うんですけど

これをやったら認めてもらえる!
という動機で頑張ってしまうと
目的もめちゃくちゃですし、永遠に満足はやってきません。

これって
「自分は何かを身に付けないと価値がない」と思っていて
そんな自信のない自分を隠すために、強くなるために
鎧やら武器をつけて武装している状態なんですよね。
ハリボテ状態。

だから、
やたらと服を買いたくなったり
それが捨てられなかったり

たくさん仕事を抱えてみたり

できる人を演じてみたり

面白い人を演じてみたり

期待を裏切らないヤツに必死になろうとしたり。

私もこんなこと↑いっぱいやってたなぁ。

猫かぶってました^^;


でも、陰陽で考えると

そうやって外側に身に付けたものって「陽」なんです。
そもそも心の部分、つまり「陰」
「私は自信がない」「私は何もできない」って思っていると

どんなに外側に鎧を身に付けても、心の部分は隠し通せない
なぜなら、 陰と陽では、陰の方が影響力が強いから


だから、どんなに頑張っても、
人からみたら良い結果が出ていたとしても

本人は満足できなくて
もっともっと、頑張らなきゃ…
ってなるんですよね。


あーーーー

苦しい(>O<)!

特に、今の女性はこんな人が多い気がします。

社会に出て男社会、はたまた女社会で闘っていたり
大変な状況で子育てしていたり
すごい人と比べられてしまう環境にいたり。


だから、鎧を身につけようと頑張ってる。

私も、とっても気持ちがわかります。


でも、弱い自分、自信のないところを見せちゃいけないって
思いすぎていませんか?

自分の弱いところを自分が認めて隠さなくなった時
本当の意味で人は強くなります

本当に「自信をつけたい」「強くなりたい」
そう思うなら、弱いところを認める。
けっきょく、それが一番の近道です。

ちょっとずつ、その鎧を脱ぎ捨ててみませんか?


鎧の中から出てきたあなたのほうが、魅力的だったりしますよ^^


京都在住、女性メインの四柱推命鑑定士。 伝統風水師の嫁。 風水、陰陽五行の学びや心理学、自分の経験を活かして 悩める女性のサポートを行っています。 詳しいプロフィール・ストーリーは、こちら♪
Back To Top