女性の働き方~専業主婦偏~

未分類

女性の働き方~専業主婦偏~

ひとつ前の記事で、外で働く女性をメインに書いてみました。
女性の働き方~外で働く女性偏~
私が以前、「バリバリに外で働いていたい派」だったから。

結婚した今は、毎日家事をこなしながら(こなせてるかな?笑)
その他の、外向けの仕事もしています。

どちらかというと、家庭を快適にする主婦業に、重きをおいています。

また、鑑定などで、主婦の方と接する機会も増えてきました。

そこでよく耳にする不満や悩み。

今日は専業主婦のみなさまに向けて、書いていこうと思います。


専業主婦の今

実際、専業主婦の割合は、どうなっているのでしょうか。

厚生労働省の平成30年「厚生労働白書」等によると、

また同調査によると、1980年頃は約65%であり、1995年頃を境に、専業主婦と共働きの割合が反転しているそうです。


また、こんな調査もあります。
ワタベウェディングが働く女性507人(既婚221人、未婚286人)にインターネット調査を行ったところ、9割の女性が働くことに意欲をもっているそうです。↓

「結婚しても働きたいですか?」という問いについて、全体で89.2%の女性が「はい」と答えました。
「あなたが働く理由はなんですか?」という問いについて、1位「自分や家族の生活のため」40.8%、2位「仕事を通じてやりがいや達成感を得るため」29.2%、3位は「楽しいから」7.1%と続きます。

https://www.watabe-wedding.co.jp/company/press/info/detail.html?press_id=383


やっぱり、どんどん共働き夫婦が増えているようですね…


専業主婦の悩み

どんどん少なくなっている専業主婦。
そんな専業主婦の方の悩みとして多いもの。

・やって当たり前だと思われる
・暇、楽だと思われる
・給料か出るわけでもなく昇進があるわけでもなく、報われない
・社会との繋がりがない

など。

でも専業主婦の実際は

けっこうな労力だし、

育児があったり家が広かったりすると自分の時間なんてないし

外注したら、けっこうな費用がかかる、立派な仕事。

誰にもアドバイスを求めることもできず、孤独で頑張っている

それが専業主婦なんですよね。



また、専業主婦の6割近くが罪悪感や、後ろめたさを感じているそうなんです。

「夫に養ってもらっているという引け目がある」
「いいご身分ね、と働いている女友達から嫌みをいわれる」
などなど。

心のどこかに引け目や罪悪感を持っているから、それが誰かの言葉によって刺激されることで、
気にしてしまったり、傷ついてしまったりするんですよね。

昔の私も、「専業主婦は働いていない、ただ家事をしているだけ」という感覚をどこかで持っていたので、専業主婦になりたくなかったんです。
だからこの悩み、とてもよくわかります。

あの時のまま今の生活をしていたら、
あの時のまま産休に入ったりして会社に行かなくなっていたら

同じような悩みを抱えて、悶々としていたと思います。


女性の役割を知る

前回のブログでも書きましたが
女性には女性の、男性には男性の役割があります。

陰陽ですね。

女性は
内を守る。整える。
子供を(手をかけて)育てる
旦那が稼いできたお金を使う

これに対して男性の役割は
外から家庭を守る。闘う。
子供に背中を見せる
お金を稼いでくる

こんなふうに、女性は陰の性質を使い
男性は陽の性質を使うことで、お互いが産み出され
その夫婦、家庭はうまくまわっていきます。

だから、女性が家で頑張ることで
男性の稼ぐ力が湧いてくるんです。
男性は、家や奥さんからエネルギーを充電しているんです。

陰陽では、陰からの影響を強く受けます。

つまり、女性の影響力の方が、大きいんですよ。

この仕組みがわかっていれば
家事はとても大切な仕事だと思えるようになってきます。

男性が「帰りたい」と思える家庭を整えること
次の日も元気に仕事に行って闘えるエネルギーを充電できる家を用意すること

これは、女性の仕事なくしては成り立ちません

だから、何も罪悪感を感じる必要はないんです。
それに
男性が外からのプレッシャーと闘っている間、
女性は孤独と闘っているんです。(会社のように先輩や上司に質問できないですからね)


嫌味をいってきた共働きの女友達よりも、あなたの方が家庭をうまく回す仕事ができているはず。

だから、決して後ろめたく思わないでくださいね。

主婦は仕事じゃない、外で働く女性がカッコイイ
そんな概念が目立ちがちだけど、そうじゃないですよね。


夫婦の理想は

本当の理想を言うと、この男女の役割をお互いに知っていることです。
そうすれば、だんな様は
「家事はやって当たり前」だなんて思わない。

女性側も、旦那様が外で働いてくれることに、気持ちよく感謝できるはず。
「あなたは外に出られるから良いわよね!」なんてならないですよね。

お互いが、自分を生み出してくれる存在。
陰が陽を生み出し、陽が陰を生み出す。
女性が男性を生み出し、男性が女性を生み出すんです。


あとは、エネルギーが不足していると
相手のことを思いやれなかったり
します。

ちゃんと睡眠をとったり、ごはんをしっかり食べたり
パワースポットに行くことで、エネルギーを充電しましょう^^

私もエネルギーが不足してくると
「いつもキレイにしてたら毎日掃除してること気づいてくれないよね…」
なんてふと思っていたりします。

そして、なんと言ってもきちんと男女の役割を知ること。

そうすれば、お互いかける言葉も変わってきます。

しんどそうな時は奥さんを手伝ったり、
ちょっと旦那様の好きなものを食卓に出してみたり

自然と、そういうちょっとした支え合いが生まれてきます。


だから、まずはこれを読んでくれているあなたが
男女の役割を知ってください。
そうすれば、ちょっとずつ、専業主婦のモヤモヤが晴れていくはず。

そしてもし、機会があれば
旦那様と一緒に学んでみてください。
男性のあり方、女性のあり方。お互いの関わり方。

夫婦は、家庭は、どちらが欠けても成り立たないですからね(´꒳`)

息抜きもしてくださいね

そして、主婦の休みの日も、しっかりつくりましょうね♪


京都在住、女性メインの四柱推命鑑定士。 伝統風水師の嫁。 風水、陰陽五行の学びや心理学、自分の経験を活かして 悩める女性のサポートを行っています。 詳しいプロフィール・ストーリーは、こちら♪
Back To Top