卵巣嚢腫になりました①~浮き彫りになった心。悲劇のヒロインになりたかった~

からだのこと卵巣嚢腫になりました①~浮き彫りになった心。悲劇のヒロインになりたかった~ への1件のコメント

卵巣嚢腫になりました①~浮き彫りになった心。悲劇のヒロインになりたかった~


ちょっと不謹慎かもしれませんが
病気になりたいなぁ
入院できたらなぁ
休みたいなぁ
心配してほしいなぁ

そう思ったことはありませんか?


病気や入院で苦しんでおられる方、申し訳ありません。
でも私はうっすらですが、そう思うことがよくありました。

そう、悲劇のヒロインになりたかったんですね。
そんな自分に気づいた時、とても嫌でした。
私が!?まさか…
それは嫌だ。 どうにか抜け出さなくては。。。

あなたは、そんな自分を辞めたいですか?

大丈夫。少し時間はかかりますが、本気で辞めたいと思っていれば、辞められます。

告げられた時の心の声


2017年10月の健康診断で
「卵巣嚢腫、かなり大きいのができているから、紹介状を持って大きな病院に行ってください。たぶん手術だね」
と言われました。

その時は、えっ!?と飲み込めないまま紹介状をもらいました。
診断が終わった後スマホで調べてみると
ざっくり言うと、良性の腫瘍だとのこと。
でも手術してみないと100%良性だとは言い切れない。悪性の可能性もある。
また、卵巣が大きくなっているので、重みで捻転(ねじれる)したりすると、激痛で救急車→緊急手術なんてこともある、との情報が…!!

これを知ったとき、
今思えばですけど
『怖い』という気持ちよりも
『病気になれた』みたいな感覚があったように思います。

手術、入院となったとき誰もが考える下記のようなこと。

「手術ってどれくらいの期間休みが必要なんだろう?」
「この年(30歳)で腫瘍なんて言ったら、会社の人心配するだろうな」

それも、私の中ではこういう意味でした。
これで堂々と休める
心配してもらえる
いたわってもらえる

手術の後、担当の先生に
「悪性か良性かを精密に分析するのには数週間かかりますが、摘出した感じでは良性ですね!良かったですね~😄」
と言っていただけました。

私は「良かったです✨ありがとうございます😊」

とニッコリしたものの…

本音は『実際蓋を開けてみたらガンでした』というストーリーを心のどこかで期待していました。
(苦しんでおられる方、本当にすみません)

悲劇のヒロインになることで…


辛いのに、大変なのに頑張っている私

辛いのに、大変なのに笑顔でいる健気な私

そんな状態なら休んでもしょうがないって思ってもらえる
可愛そう、それなのに頑張ってるって思ってもらえる
注目してもらえる

そんなことを、心の奥底で考えていることに、気づいてしまいました。

なんでこんな考えができてしまったのか。

もともと私は

『何かに向かって頑張っている人』『目標に向かっていて、輝いている人』が好きだったんです。

そんな人になりたかった。

でも、その当時は
ネットワークビジネスで二年半全力で目指してきた目標が、自分のものではなかったと気付き
何を目指して良いかわからなくなった時期でした。
自分の居場所や役割もよくわからない。
自信もない。
そんなちょっと不安定な時期だったんです。

そんな時に、飛び込んできた卵巣嚢腫の存在を捕まえて

ちょっと注目してもらえる存在、辛いのに健気に頑張る私を演出してくれるもの、にしようとしていたんですね。

悲劇のヒロインから脱出できたのは


ただ、退院した頃から私に役割が与えられました。
和風水でのメインのアシスタントとしての大切な役割。
そして、四柱推命鑑定士を目指すという目標を決めて。
その頃から、また入院なんてしたら、この役割、目標が全うできなくなってしまう!と思うようになりました。

だから、悲劇のヒロイン症候群から抜け出すには
自分が思いっきり頑張れること
思う存分楽しめることを、そして目標を
みつけることが大切だと思います。

それがなかなか見つけられない!という方もいらっしゃると思いますが
そんな方は、是非こちらもあわせてお読みください♪⇒【自分の好きなこと、やりたいことがわからない!】

まずは、自分が悲劇のヒロイン、かわいそうな人になりたいんだ、

かまってもらいたいんだ、と認めること

そして、抜け出すと決めること。
そして、目標を見つけること。
大丈夫、一つずつ、焦らずじっくり向き合いましょう(^-^)


京都在住、女性メインの四柱推命鑑定士。 伝統風水師の嫁。 風水、陰陽五行の学びや心理学、自分の経験を活かして 悩める女性のサポートを行っています。 詳しいプロフィール・ストーリーは、こちら♪

One thought on “卵巣嚢腫になりました①~浮き彫りになった心。悲劇のヒロインになりたかった~

Comments are closed.

Back To Top